いま最もライブが観たいバンド・PENGUIN RESEARCHが待望のEPをリリース

2017.11.6 12:00

いま最もライブが観たいバンド・PENGUIN RESEARCHが待望のEPをリリースサムネイル画像

PENGUIN RESEARCH

2017年3月、1stフルアルバム「敗者復活戦自由形」を発売後、破竹の勢いで動員を伸ばし、2017年すべてのワンマンライブを完売させてきたPENGUIN RESEARCH。熱量の高い演奏とメッセージ、そしてライブパフォーマンスを武器に「いま最もライブが観たいバンド」となった彼らが、約1年ぶりの新作を発売することが決定した。

2018年1月10日(水)に発売される今作は、今年8月に先行フル配信された「千載一遇きたりて好機」を含む4曲入りのEPとなっており、今のバンドの勢いがフルMAXで表現されていて、そして彼らの魅力である聴く者の背中を押し、勇気を与えてくれるメッセージが詰まっている。また、彼らが主人公バンド「BLAST」として歌唱、演奏をしている人気音楽アプリゲーム「バンドやろうぜ!」のキャンペーンソングも収録される。

先週11月3日(祝日)には、さいたまスーパーアリーナで行われた「ニコニコ超パーティ」に2年連続で出演し、彼らの代表曲「敗者復活戦自由形」とボーカロイド曲、kemuの「地球最後の告白を」を演奏し、2万人の観衆を魅了した。今年5月、PENGUIN RESEARCHの全楽曲を作詞作曲するメンバーの堀江晶太(ベース)が、動画サイトに発表した全ての楽曲がミリオン再生されている伝説のボーカロイド・プロデューサー「kemu」である事を表明後のステージだったこともあり、2万人の「ニコ動」ファンはセルフカバーされた「地球最後の告白を」で最高潮の盛り上がりをみせた。

今年のワンマンライブツアー「Penguin Go a Road 2017~Penguin Fight Club~」(名古屋 ell.FITSALL、心斎橋FANJ twice、新宿BLAZE)、8月の赤坂BLITZ公演、更には今月11月18日からスタート、全国6箇所で行う「TOUR 2017 PENGUIN QUEST~お台場に導かれし者たち~」(千葉・柏 PALLOZA、川崎 Serbian Night、埼玉 HEAVEN’S ROCK VJ-3、名古屋 SPADE BOX、大阪・梅田 Banana Hall、仙台 MACANA)も含めた全ての会場をSOLD OUTをさせている。

「いま最もライブが観てみたいバンド」とも言われている彼らは、来年2018年3月25日に東京・Zepp DiverCity TOKYO公演も決定している。2017年から2018年にかけ、ますます精力的な活動を続けていくPENGUIN RESEARCHから今後も目が離せない。

関連画像

関連記事

関連リンク