阪本奨悟、ドラマタイアップの新曲 「自分らしく生きていたい それだけなんだけど」が配信スタート

2017.11.5 12:00

阪本奨悟、ドラマタイアップの新曲 「自分らしく生きていたい それだけなんだけど」が配信スタートサムネイル画像

阪本奨悟

シンガーソングライターの阪本奨悟の新曲「自分らしく生きていたい それだけなんだけど」の楽曲配信が本日11月5日からスタートした。

今回の楽曲は、MBS/TBSドラマイズム「目玉焼きの黄身 いつつぶす?」のエンディングテーマに決定したと発表されたばかりのもの。ドラマの主人公とも重ね合わせ、他人と理解し合うことの難しさを描き、書き下ろした意欲作。ギターのループフレーズと、独特のグルーヴ感が印象的で、自身の日常の迷い葛藤を率直に鋭く表した、堂々とした仕上がりとなっている。

「目玉焼きの黄身 いつつぶす?」は、おおひなたごう原作漫画で料理の食べ方を軸にしたヒューマンドラマ。食べ方に人一倍こだわりを持つ主人公の田宮丸二郎が、他人との食べ方の違いに苦悩する様子をコミカルに描いていく。主人公の田宮丸二郎役を青柳翔、二郎の恋人・みふゆ役は成海璃子が演じる。

なおMBSでは本日初回放送となる。(TBSでは11月7日(火)初回放送)

新曲「自分らしく生きていたい それだけなんだけど」は、パッケージでのリリースは未定だが、阪本奨悟は、先日10月18日に2ndシングル「恋と嘘 〜ぎゅっと君の手を〜/HELLO」をリリースしたばかりで、短いスパンで新たな楽曲が聴けるようになることはファンにとっては朗報と言えるだろう。

関連画像

関連記事

関連リンク