NHK連続テレビ小説「わろてんか」 ”栞様(高橋一生)”久しぶりの登場でネット歓喜「非の打ち所がない」「魔法の言葉に」

2017.11.2 20:55

NHK連続テレビ小説「わろてんか」 ”栞様(高橋一生)”久しぶりの登場でネット歓喜「非の打ち所がない」「魔法の言葉に」サムネイル画像

(c)NHK

2日に放送されたNHK連続テレビ小説「わろてんか」に高橋一生が登場し、話題になっている。

本作は明治後期の大阪が舞台。京都の老舗薬種問屋「藤岡屋」の長女として生まれた藤岡てん(葵わかな)による”笑い”がテーマの物語だ。

お互いに想い合うてんと藤吉(松坂桃李)は藤吉の母・啄子(鈴木京香)から結婚の許しをもらうため、経営が傾いた実家の米問屋をなんとか立て直そうと奮闘していたのだが、昔の芸人仲間の儲け話に騙された藤吉が、家と土地を担保に借金をしてしまう。

本日の放送では、なんとか助けようと思ったてんが藤吉が騙された契約書を持って、元許嫁で実業家の伊能栞(高橋一生)の元へ向かったのだが、解決の糸口は見つからず、帰り際、栞はてんに対し「このままそんな男と一緒にいるつもりか?」「僕はいつでも待ってるよ」と自分の気持ちを伝えるという場面が描かれた。

そんな栞の気持ちに対し、Twitterでは「嫌いな人に言われるとストーカー案件だけど、栞さまだと魔法の言葉に」「栞さんてんに惚れてたの?」「非の打ち所がない パーフェクトな栞様と 藤吉を早くご対面させて欲しい」「栞さんと結婚した方が絶対にいいと思うけどね」「栞様株が値上がりすることが留まるところを知らない!」などの様々な感想が多く上がった。

一方、突然の栞の再登場に「栞様… 明日は登場なさらないでしょうね…」「栞様が出る時は、前もって『栞様アラーム』が鳴る機能をテレビにつけるべき」「突然の栞様登場に心臓ついていかんかった」「いきなり栞の登場なんてビックリするがな」「今週もう1回ぐらい出るかしら」などのコメントが目立ち、栞の人気の高さをうかがわせた。

関連画像

関連記事