INFINITEレーベル移籍第一弾シングルが好発進

2014.7.4 15:15

INFINITEレーベル移籍第一弾シングルが好発進サムネイル画像

韓国の7人組ボーイズグループ、INFINITE(インフィニット)のユニバーサル ミュージック移籍第一弾シングル『Last Romeo ~君がいればいい~』が発売となり、7月1日付オリコンデイリーランキングで2位の好発進を見せた。

今作は、購入者対象の応募キャンペーンとして、東京/大阪で行われるハイタッチ会も予定されており、ファンの間でも話題となっている。

さらに、「4日間かけて撮影しました。本当に大変で、撮り終えた後は倒れたほど。ダンスのシーンだけで20回以上撮ったかな」(ウヒョン)というミュージックビデオが解禁となった。

INFINITEは、昨年、日本での1stアルバム『恋に落ちるとき』でオリコン週間ランキング(2013/6/17付)で1位に輝いた後、全世界21都市でワールドツアーを行い成功を収めるなど、“シンクロ率99.9%”の芸術的な群舞と高い音楽性で世界規模の人気を獲得しているグループ。日本においては本作よりレディー・ガガ、ケイティ・ペリーなどが所属するユニバーサル ミュージック内の新レーベル“Virgin Music”、マネージメントも東方神起、少女時代などが所属するSMエンターテインメントという海外への視野を持つ強力タッグに。これまでの活動を<SEASON 1>、新曲『Last Romeo』でスタートを切る今後の活動を<SEASON 2>と位置づけ、グローバル・アーティストとしての活動を本格化させる彼らから、目が離せない。

関連画像