矢口真里、芸能界引退を考えた時に届いた島田紳助からの言葉を明かす

2017.10.24 20:50

矢口真里、芸能界引退を考えた時に届いた島田紳助からの言葉を明かすサムネイル画像

23日に放送された、TBS系『オー!!マイ神様!!』に矢口真里が出演し、自身のターニングポイントになった出来事を明かす場面があった。

矢口は番組内で、自身がスキャンダルで芸能活動を休止していた時期を振り返り「芸能界を辞めないと、もう無理なんじゃないかっていうところまで」と、引退を考えた時期もあったと明かした。

そんな時に「紳助さんからすごくありがたいメールを」と、島田紳助から「人生ゆっくり行きましょう 僕は今まででできなかった事をいっぱいしています ゆっくり行こう」という内容のメールが届いたと話した。

矢口はこの言葉に「私の中で心に響いて」と、芸能界のような移り変わりの激しいせわしない世界で、自身が忘れられるという怖さを抱えていたと振り返りながら「ゆっくり徐々にわかってもらえる人にわかって頂いて、どんどんどんどん頑張っていこうっていう気持ちになったので」と、島田への感謝の気持ちを明かした。

この矢口のエピソードに、MCのカズレーザーが「這い上がるっていうメンタルはどっから湧いてくるんすか」と聞くと、矢口は「私本当に芸能界が大好きなんですよね」と、小さい頃からの憧れで諦めたくない気持ちがあると語りながら、今後の活動に関しての意欲を見せていた。

矢口は過去の別番組でもスキャンダルの時期に関して語っており、CM等の違約金に関して「私は何千万かですけど、払ってます今も」と、借金はせず少しずつ違約金を返済していると告白していたことがあった。

関連画像

関連記事