熾烈なオーディション番組から生まれたラストアイドルとGood Tearsが台風の中、パフォーマンスを披露

2017.10.23 12:10

熾烈なオーディション番組から生まれたラストアイドルとGood Tearsが台風の中、パフォーマンスを披露サムネイル画像

(C)T-SPOOK委員会

毎週土曜深夜テレビ朝日系で放送中の、同名番組内にて熾烈なメンバー入れ替えバトルが繰り広げられている究極のアイドルグループ、「ラストアイドル」。この番組はオーディションで選ばれた7人の暫定メンバーが、挑戦者と毎回メンバー入れ替えバトルを行い、最終的に勝ち残ったメンバーが秋元康プロデュースのもと、12月20日にメジャーデビューするという、前代未聞のオーディション番組だ。

先日10月14日の放送では、入れ替えバトル敗退メンバーによる5人組セカンドユニット「Good Tears」が、番組冒頭で突然登場し新曲『涙の仮面』を披露した。

そんなラストアイドルの暫定メンバーと、セカンドユニットGood Tearsが、10月21日、22日にお台場にて開催され2日間でのべ約5万人を動員した日本最大級のハロウィーンイベント「めざましテレビPRESENTS T-SPOOK ~TOKYO HALLOWEEN PARTY~」の22日のステージに登場、台風21号の影響で雨が降りしきる中、持ち曲を披露、フレッシュで息のあったパフォーマンスを披露した。

彼女達にとって、今回が初めてのイベント出演だが、あいにくの天候の中、ラストアイドルは『バンドワゴン』、Good Tearsは『涙の仮面』と各1曲、計15分のステージではあったが、生のパフォーマンスを初めて目にした観客は大いに盛り上がり、温かい声援を送った。

メンバーも出演後、思い思いに感想を語った。

【阿部菜々実(ラストアイドル暫定メンバー)】

たくさんのお客さんが見てくれて、私達の事を知らない人もたくさんいたと思うけど、サイリウムを振ってくれたり、コールしてくれたり、すごく楽しくて緊張もふっとびました。これからもっとがんばっていきます。

【吉崎綾(ラストアイドル暫定メンバー)】

アイドルとして人を元気づけなければいけないのに、ステージでたくさんの声が聞こえてきて、逆に自分が元気づけられました。もっとパフォーマンスを磨いて、今度はもっといいものを見せたいという気持ちになりました。

【安田愛里(ラストアイドル暫定メンバー)】

楽しかった!こんな経験をさせてもらえるなんて思ってなかったから、嬉しいの塊です。

【高橋真由(Good Tears)】

今日のT-SPOOKはGood Tearsでの初めてのライブであり、私のアイドル人生初のライブでもありました!すごく緊張したんですが、お客さんの応援がたくさん届いて、楽しく歌って踊ることができました!この特別な日をGood Tearsの5人とラストアイドルファミリーとして無事に終えることができて本当によかったです!これからもっと成長して活躍するので応援よろしくお願いします!

【王林(Good Tears)】

こんなに暖かく迎えられて嬉しいし、大きい場所に立ってライブ出来た事が本当に嬉しいです。お客さんが名前を呼んでくれたりしてその声が自分にも届いて、Good Tearsとして認識してくれていたので実感がわいてきました。

ラストアイドルは、12月20日にデビューシングル『バンドワゴン』が発売決定した。前代未聞の暫定メンバーによるイベントも今回の出演を皮切りに今後行なっていく予定だ。

次回は、10月25日にタワーレコード渋谷店にてラストアイドル暫定メンバーとGood Tearsが参加する初の握手会を開催するが、セカンドユニット候補メンバーより、ラストアイドル初期メンバーの間島和奏、長月翠、山田まひろも急遽参加が決定。デビューに向けていよいよ活動を本格化させるラストアイドルファミリーから今後も目が離せない。

関連画像

関連記事