NEWS・小山、大学へ進学したきっかけは“韓国”ファンは「すげえ」「偉いな」

2017.10.20 20:50

NEWS・小山、大学へ進学したきっかけは“韓国”ファンは「すげえ」「偉いな」サムネイル画像

19日に放送されたテレビ朝日系『徹子の部屋』にNEWSの小山慶一郎が出演し、自身が大学へ進学したきっかけを語る場面があった。

小山は大学進学のきっかけについて「韓国のことを勉強したいな」と、話し始めた。

続けて、先輩の韓国公演について行った際、韓国のファンが日本語で応援をしてくれたり、手紙を書いてくれたと話しながら「その時なんでこんなに日本語がわかるんだろうとか。日本語で歌も歌えるし、ってなった時に、韓国の文化も知らないといけないんじゃないかっていう。」と、漠然と韓国の勉強がしたいと明治大学へ入学し、東洋史学を専攻したと話した。

また学業と芸能活動を並行することについて小山は「大学に入った時にジャニーさんにですね、授業表を提出しまして」と、事務所の社長へ授業のスケジュールと提出したと語った。これに社長は「この授業表の入らないところで仕事しよう」「YOUがやりたいようにやりなさい」と後押ししてくれ、単位を全部取ることができたと振り返った。

また大学生活で韓国との歴史なども学び、この仕事に関して「僕はこの懸け橋になれるお仕事をさせてもらってるんだ改めて実感して」と、国際的な意識も強まったと話していた。

このエピソードにTwitterでは「大学もジャニーさんにしっかり理由伝えて勉強してたんだー。偉いな!」「小山くん韓国の話嬉しいな」「徹子の部屋見たけど小山さんすげえなあ色々」と、様々な感想が寄せられた。

小山が過去を振り返る場面は他にもあった。小山は「KAT-TUNが6人の時代にですね、1人出てなくて5人だったんで、僕がそこに入って6人で踊らさせてもらってて、それで舞台に出てたんですけど」とデビュー前にKAT-TUNとしてステージにあがっていたことを明かしていたことがあった。

関連画像

関連記事