C&K KEENの地元、鹿児島県鹿屋市で15,000人を沸かす!アーティストがきっかけとしては初の自治体協定も発表

2017.10.16 19:58

C&K KEENの地元、鹿児島県鹿屋市で15,000人を沸かす!アーティストがきっかけとしては初の自治体協定も発表サムネイル画像

C&K

二人組シンガーソングライターユニットC&Kが10月14日(土)に鹿児島県鹿屋市にある霧島ヶ丘公園 自由広場で野外ワンマンライブを行った。C&KのKEENは鹿児島県鹿屋市出身。今回の野外ワンマンライブはKEENの地元で行われた凱旋野外ライブで、15,000人を動員。鹿屋市 presents C&K「紅白出場」特別祈願ライブとなった。

昨年C&Kは「日本全国CK地元化計画」を進行するべく、メンバーそれぞれの地元である栃木県小山市のPR役を務める「小山評定ふるさと大使」と、鹿児島県鹿屋市のPR役を務める「かのやばら大使」に就任。2016年は福岡県の海の中道海浜公園で15,000人動員のワンマンライブを行ったC&Kだが、2017年はそれぞれの地元が繋がっていけたらという思いからCLIEVYの地元・栃木県小山市、KEENの地元・鹿児島県鹿屋市それぞれで野外ライブを開催。

8月26日にはCLIEVYの地元・栃木県小山市で野外フリーワンマンライブを行い、今回満を持してKEENの地元の鹿児島県鹿屋市でのライブを迎えた。会場となっている霧島ヶ丘公園 自由広場で音楽ライブが行われるのは初めてで、更に今回の野外ライブは鹿児島県鹿屋市史上最大規模の15,000人を動員した。

当日はアーティストがきっかけとしては初となる「小山市・鹿屋市 C&K橋渡し交流による連携に関する協定」も結ばれた。この協定は、両市の交流を図り、農林水産振興や観光振興を図るとともに「小山評定ふるさと大使」「かのやばら大使」として両市のイメージアップや観光振興に多大な貢献をしているC&Kを応援することで、両市の更なる知名度の向上、交流人口の増大を図ることを目的としている。この協定の中には「C&K紅白応援協定」も含まれており、「日本全国地元化計画」と銘打った活動を続けてきたC&Kにとって大きな1歩であり、この協定もデビュー以来目標としている“紅白歌合戦”を後押しすることだろう。

今回のライブでは音楽主要ランキング13冠を獲得し、Shazam邦楽週間ランキング6週1位獲得で2017年1位最多、2017年検索数邦楽1位の楽曲となり話題となっている新曲「Y」を含む、全26曲を披露。ステージ上にバラが飾られていたり、客席には「バラ大使シート」が用意されていたりとC&Kが務めている「かのやばら大使」を全面に押し出している中、装飾は紅と白とピンクで統一されC&Kが目標と掲げている「紅白出場」の意志が伝わるセットで行われた。

ライブ開始前には栃木県小山市長、鹿児島県鹿屋市長も登壇し、「紅白出場」を後押しする「小山市・鹿屋市 C&K橋渡し交流による連携に関する協定」が結ばれた。1曲目の「C&K Ⅸ」ではかのやばら大使であるC&Kが「ベルサイユのばら」を彷彿とさせる紅白衣装で登場し会場を沸かせた。序盤から会場を盛り上げるアップナンバーを繰り広げている中、ステージ上には鹿屋市PR特命係長「かのやカンパチロウ」も登場。

「Y」を含めたバラードパートではしっかりと曲を聴かせ涙を誘う場面もあった。「ここで出来るのも、鹿屋市の協力があったり、僕等の知らない人たちの協力があったり、小山市でのライブでも感じたことですが、色んな人が動いてくれているというのが分かるステージにしたいという思いがありました。今日はKEENの地元に鹿児島県外からも沢山の人たちが来てくれているようで、本当にありがとうございます。」とCLIEVY。「本当にみなさん今日はありがとうございます。最後までC&Kを存分に楽しんで下さい。」と思いをかみ締めながら鹿屋市地元のKEENが語った。

ライブ終盤ではC&Kのライブ恒例の「踊LOCCA〜around the world 新たなる冒険〜」で会場一体となる観客の輪を作り、ステージ上には鹿屋市役所ダンサーズも登場し完璧なダンスで更なる一体感を見せた。最後の「梅雨明け宣言」では鹿屋市役所ダンサーズだけでなく、このライブを支えてきたC&Kの仲間たちもステージに上がり会場を盛り上げ、フィナーレでは花火も上がり、「鹿屋市 presents C&Kの「紅白出場」特別祈願ライブ!」を締めくくった。

2人それぞれの地元大規模ライブを大成功させ、決意の新曲で臨むC&Kの「ROAD TO KOUHAKU」への挑戦もいよいよ大詰めとなってきた。今後の活動に引き続き注目していたい。

関連画像

関連記事

関連リンク