TWEEDEES、スプリットシングルをカセットテープで発売!ワンマンLIVEの映像も公開

2017.10.14 12:00

TWEEDEES、スプリットシングルをカセットテープで発売!ワンマンLIVEの映像も公開サムネイル画像

TWEEDEES

NHK Eテレアニメ「おじゃる丸」2017年エンディングテーマ収録のミニアルバムを6月にリリース、初の東名阪ツアーも大盛況で終了させたTWEEDEESのスプリットシングルが、カセットテープで本日10月14日に発売となった。

RECORD STORE DAYのカセット版<CASSETTE STORE DAY>商品として、洋楽/邦楽バンドのスプリット・シングルをディスクユニオンから10月14日にリリース。TWEEDEESがLIVEでも共演を重ねて交流を深めているインドネシアのシティポップバンド、IKKUBARUとのスプリットシングルとなり、このカセットにTWEEDEESはミニアルバム『a la mode』から2曲を収録している。

また、9月8日に渋谷TSUTAYA O-WESTで行われたTWEEDEESのワンマンLIVE「ショウほど素敵な商売はない〜『a la mode』TOUR2017」ファイナル公演より「友達の歌」のLIVE MVが本日公開された。ファンの間でも評判だったこのバラードを是非チェックしてみてはいかがだろうか。

【TWEEDEES コメント】

「90年生まれの私にとってカセットのシングルを作るのも手に取るのもこれが初めて。
けれど高校生の時、生まれて初めて作った曲はカセットプレーヤーに吹き込んで作りました。
懐かしくも新しい、カセットテープの魅力に改めて私も浸りたいと思います。」
TWEEDEES 清浦夏実

「70~80年代。いつも兄の部屋のレコードプレイヤーを使わせてもらっていた僕にとって、カセットテープこそが自分のための音楽でした。
ベッドの枕元のラジカセから流れる音の夢をもらったことか。
21世紀のカセットテープは、世の中の少年少女にまた多くの夢を与えてくれることでしょう。」
TWEEDEES 沖井礼二

関連画像

関連記事

関連リンク