関根勤、孫を溺愛するあまりの言動に、さんま「変質者の発想」とバッサリ

2017.10.4 21:00

関根勤、孫を溺愛するあまりの言動に、さんま「変質者の発想」とバッサリサムネイル画像

3日に放送された日本テレビ系『踊る!さんま御殿!!』に関根勤と娘の関根麻里が出演し、関根が孫ついて話す場面があった場面があった。

番組内では明石家さんまが楽屋で関根の孫と会ったと話し、その可愛さを「関根さんの気持ちわかった、あれは行ってしまうわ」と、娘夫妻の家に通ってしまうことも共感できるとべた褒めした。

関根はこれに「一週間に9回行っちゃう」「午前中行って仕事行って夜会いに行く」と、溺愛ぶりを明かし、続けて「禁断症状が出ちゃう。もう『今は彼女は何をしてるんだ』」と、話すとスタジオからは笑い声が上がった。

また、孫を愛しすぎて「おじいさんさ、今からね赤ちゃんに生まれ変わって、そうだ女の子の赤ちゃんになるからね。そしたら君と1歳違いになるからずっと友達でいようね。それで、思春期に同じ人を好きになったら譲るからね。」と、自身の妄想を話してしまうと明かし、妻や娘からは「気持ち悪いこと言うな!」と非難を受けていると語った。

これに麻里が「結局発想はおじいちゃんの発想なんで」とフォローすると、さんまは「いや違うこれは変質者の発想」とコメントし、スタジオの笑いを誘っていた。

この関根の来訪に関しては、過去に娘婿のKが話していたことがある。Kは関根が来ると「ゴジラを見て、そうめん食べて、昼寝して帰る」というワンセットがあるのだと話しながら、義父の来訪は「ありがたい」のだと感謝していた。

関連画像

関連記事