Uru、ニューシングル「奇蹟」が綾野剛主演 『コウノドリ』主題歌に大抜擢

2017.9.30 9:00

Uru、ニューシングル「奇蹟」が綾野剛主演 『コウノドリ』主題歌に大抜擢サムネイル画像

Uru

10月13日夜10時より新シーズンがスタートする綾野剛主演の金曜ドラマ『コウノドリ』(TBS系列)の主題歌に、シンガーUruの新曲「奇蹟」が決定した。

「コウノドリ」は、講談社「モーニング」で現在も人気連載中の鈴ノ木ユウが描く同名のヒューマン医療漫画が原作。2015年10月期にドラマ化され、今回はその続編となる新シリーズとなり、前作から2年後を舞台にした内容で、「生まれること、そして生きること」をテーマに据えた物語を展開する。

前作に引き続き、産婦人科医と天才ピアニストBABYの2つの顔を持つ主人公・鴻鳥サクラを綾野剛が演じるほか、松岡茉優、吉田羊、坂口健太郎、星野源、大森南朋といった超豪華オリジナルメンバーが集結、さらには、女優・モデルの両軸で人気急上昇中の古畑星夏や、元THE BOOMの宮沢和史の長男で「MEN’S NON-NO」の専属モデルとして活躍中の宮沢氷魚らフレッシュなキャストが新たにレギュラーとして加わり、また、初回から豪華なゲスト出演者が続々と出演する事でも話題を呼んでいる、この秋最注目のドラマだ。

今回主題歌に抜擢されたUruは、聞く人を包み込むような歌声と、神秘的な存在感で注目を集めるシンガー。2013年よりYouTubeチャンネルを立ち上げ、新旧問わず数々の名曲をカバーする動画をアップする事をスタートし、楽曲の歌唱、演奏、アレンジ、プログラミング、動画の撮影、編集など、そのすべてを一人で行い、2016年6月のメジャーデビューまでに100本に及ぶ動画をアップし続けた結果、デビュー時点で総再生回数は4400万回以上、チャンネル登録者は14万人越えという新人としては異例の実績を作り上げた。

本名・所在地・年齢など、明らかにされていない情報が多いため“謎だらけのシンガー”として、早耳の音楽ファンが注目しており、ドラマに登場する謎の天才ピアニストBABYとも、その存在がリンクするアーティスト。

主題歌「奇蹟」は、Uru本人がドラマのために歌詞を書き下ろし、デビュー時より大切に温めていた楽曲を“ポップマエストロ”としても知られる音楽プロデューサー冨田恵一がアレンジを施した、切なくも優しさが溢れ出す、聴く者の心の琴線をそっと包み込むバラード曲。Uruにとって初の連続ドラマの主題歌を担当する楽曲。

そして、シングルのカップリング曲には、UruがYouTubeの活動時期にカバーしていた楽曲でもあり、「コウノドリ」前クール主題歌の「あなたがここにいて抱きしめることができるなら」(miwa)のカバーを、「コウノドリ」のピアノテーマ、音楽監修を担当する清塚信也と共に、歌とピアノのみで構成されたシンプルなアレンジで収録する事も決定。Uruがカバー曲をCDに収録する事は今回が初となる。

さらに、通常盤のCDジャケットは、ドラマ・メインビジュアルの綾野剛が演じる鴻鳥サクラをイラスト化した鈴ノ木ユウによる書き下ろしイラスト仕様になる事も決定した。

赤ちゃんの手を握り慈しむような表情が印象的な仕上がりとなっており、ドラマファン、原作マンガファン双方から話題を集めそうだ。

デビューから1年半あまりの、キャリアとしては新人アーティストUruのサプライズとも言える今回の大抜擢。主題歌「奇蹟」は、ドラマ「コウノドリ」をどんな風に彩り、盛り上げていくのか、オンエアを間近に期待が高まるばかりだ。

関連画像

関連記事

関連リンク