三代目JSB今市隆二、ベッキーからの評価は「めんどくさい人」!?実体験による失恋の詞を「書き溜めてはいる」と微笑みも

2017.9.29 0:00

三代目JSB今市隆二、ベッキーからの評価は「めんどくさい人」!?実体験による失恋の詞を「書き溜めてはいる」と微笑みもサムネイル画像

三代目J Soul Brothersの今市隆二とベッキー、ドラマ「Love or Not」メンバー

三代目J Soul Brothersの今市隆二が初めてのMCをベッキーと共に務める「LOVE or NOT♪」の第3回目が、9月29日(金)0:00よりdTV、FODにて配信が開始された。

今回のオープニングは、MCの今市、ベッキーが登場。「パーティをする?」というテーマに、パーティの時は洋楽、特にBrunoMarsを聞きながら踊るという、ベッキー。「逆にどういう感じになるのか?」というベッキーの問いに、今市は「メンバーとお酒を飲むけど」と語ると、ベッキーから「そうだ、熱く語るめんどくさい人だ」と言われ、肩を落とす今市と言う一幕が見られる。

そして、第3回でも引き続き、山下健二郎率いるドラマ「Love or Not」メンバーが登場。今週も、ドラマ「Love or Not」に出演の山下健二郎、本仮屋ユイカ、町田啓太、浅見れいな、八木将康、水沢エレナ、Leolaが登場し、音楽はもちろん、プライベートから自身の恋愛観を語ると言う。

2つ目の対談は、ゲストのLeolaが登場。自身のほとんどの曲を作詞しているというLeolaと、自身でも作詞をする今市とベッキーが作詞について語り合った。作詞について、「自身の体験とともに特にラブソングは、妄想で膨らませて作詞する」というLeola。今市は、「実体験や自身の想いを歌詞に載せることが多い」と語り、「私も妄想では書けない、リアルを求める」とベッキーも同感した。

その流れから「そろそろ実体験の失恋の曲をききたいな」というベッキーから今市への要望に「まだ実体験の失恋の曲を歌ったことはないが、書き溜めてはいる」と微笑み、今後の作品に期待が高まる、意味深なコメントをした。

【コメント】

——世代的にも近いですし、本日の収録で話題になったお気に入りのドラマ主題歌の話など、盛り上がりましたね。音楽という軸がありつつ、ジェネレーショントークなども盛り上がりそうですね。

今市:そうですね。歳は近いですし、そこは同世代として素の部分もどんどん見せられたらと思いますね。

ベッキー:そうですね。同世代としてそういうトークもしたいし、直球で「どんな恋愛してきたんですか?」とか聞けないですけど、歌を通じて恋愛観を探るみたいなことは、ファンのみなさんの思いを背負って突っ込んでいきたいなと思いますね。

今市:怖いですね(笑)

——作詞について話をされたりもしてましたね。ミュージシャンのゲストだからこそ、聞いてみたいこと、学びたいことなどはありますか?

今市:こんなに音楽について追及する番組もなかなかないと思うので、ここでしか聞けないことどんどん聞いていきたいですね。

ベッキー:せっかくなので、三代目J Soul Brothersさんのメンバーにもちらほら出ていただいて、素の今市さんの話とかを聞いてみたいなと思いますね。カッコいいし、完璧な感じがするから、ダメな今市さんや、毒を吐くロックな今市さんとかいろんな今市さんを見たいなと思います。

関連記事