関ジャニ∞・村上信五、黒木瞳がMC!激辛オーディション番組『今夜、誕生!音楽チャンプ』の初収録にMC陣からのコメント届く

2017.9.27 20:45

関ジャニ∞・村上信五、黒木瞳がMC!激辛オーディション番組『今夜、誕生!音楽チャンプ』の初収録にMC陣からのコメント届くサムネイル画像

(c)テレビ朝日

関ジャニ∞の村上信五と女優の黒木瞳がMCを務める、リアリティ・オーディション番組、『今夜、誕生!音楽チャンプ』(10月8日(日) 午後9:58から)の初収録が行われた。

スタジオには初回特別編として設けられた『再起をかける!超実力派シンガーNo.1決戦』のテーマのもと、過去に一度は名を馳せたことのあるシンガー6名が登場。審査サイドにも、バージョンアップしたロボットの『チャンプくん』と激辛審査員が集結し、予想をはるかに超える落涙者続出の激戦が繰り広げられた。

『再起をかける!超実力派シンガーNo.1決戦』と銘打った特別編に、挑戦者として名乗り出たのは、元トップアイドルや、ドラマの主題歌に採用された経歴があるなど、一度は輝かしい表舞台に立ったことがあるシンガー達。ミュージックステーション出演経験者も多数顔を揃える中、初収録では1週間後に行われる決勝への進出者2名を選ぶ予選大会が開催された。

『今夜、誕生!音楽チャンプ』の特徴の一つは、人間とロボットがそれぞれに評価を下し、その総合点で順位を決定する点にある。

今回も人間審査員には、モーニング娘。のヴォーカル・アドバイザーとして活躍する菅井秀憲、B.B.クィーンズでボーカルを務める坪倉唯子、May J.などへ楽曲を提供する音楽プロデューサーの田中隼人、父である大本恭敬から鬼ボイストレーナーのDNAを受け継いだ大本京といった音楽のプロが集結。歌だけでなく、姿勢や意気込みなど挑戦者の心技体を厳しい目で見抜いていく。

人間審査は前回同様、今回も激辛。収録冒頭で菅井は、辛口になるかどうかは「出てこられる方のポテンシャルによります」と述べたものの、蓋を開けてみれば菅井のみならず、審査員全員が激辛評価を炸裂。「かわいい以外の長所が見当たらない」、「歌う以前の問題」、「聴いていられない」、「Too much」、「この曲で何を言いたいんですか?」などなど、挑戦者だけでなくスタジオを凍りつかせるコメントを連発し、ついには究極の「コメントなし」まで飛び出した。

【村上信五、黒木瞳 初収録を終えて——】

村上 「(審査員が)怖かったね〜!(笑)普通の評価が甘口に感じられるくらい。挑戦者にとっては勉強になる、愛あるコメントだったとは思いますけど」
黒木 「何人か泣かせましたね」
村上 「初っ端からポンポーンと(笑)。言葉がささりすぎるんですよね」
黒木 「でも、菅井先生の『楽しいことの裏には厳しさがある』という言葉は、自分に言われているみたいでした。『表現力』という言葉も印象に残りましたが、これはエンターテイナーみんなに言えることなんじゃないでしょうか。私も頑張ろうと思いました」
村上 「チャンプくんの評価は皆さん高得点でしたから、その先の表現力が勝負ということですよね。収録中、僕はひとことも感想を言わなかったんですけど、心の中で「この人残れるんちゃうか」と思っていた人が落ちてしまったり。テレビの前のみなさんも自分で審査しながら見ていただければ、より楽しめるんじゃないかと思います。それから、この厳しさを見て今後、番組に出ようという挑戦者は、レベルがどんどん上がっていくんじゃないかと期待できますね」
黒木 「私は絶対、ここでは歌いたくないです。村上さんは歌えるでしょ?」
村上 「まぁ、歌えと言われれば、全然いいですよ!(笑)ただオンエアはできないですよ(笑)」

関連画像

関連記事