いよいよ最終週「ひよっこ」三男(泉澤祐希)の愛の告白に「やっぱりいい男」「かっこよすぎる」と大反響

2017.9.26 6:30

いよいよ最終週「ひよっこ」三男(泉澤祐希)の愛の告白に「やっぱりいい男」「かっこよすぎる」と大反響サムネイル画像

連続テレビ小説『ひよっこ』オリジナル・サウンドトラック2

25日に放送されたNHK連続テレビ小説「ひよっこ」が大きな反響を呼んでいる。

同ドラマは茨城から上京した谷田部みね子(有村架純)が、東京での様々な出会いの中、素朴さを失わず楽しく前向きに生活する模様が魅力となり人気を呼んでいる。

この日の放送では、みね子の幼馴染で共に上京した角谷三男(泉澤祐希)の恋愛模様が描かれた。三男は以前から自身が務める安部米店の娘である安部さおり(本名:米子)(伊藤沙莉)から好意を寄せられていたが、長年、幼馴染である助川時子に片思いをしていた。

女優になることを目標にしていた時子の自信になる様、想いを貫いていた三男だったが、時子がコンテストで優勝したことを機に、時子への気持ちに決着をつけていた。

そして、さおりからの告白の返事を先延ばしにしていた三男がついに、「恋人なりませんか?」と自分の気持ちを告げた。

さらに、父親との関係が上手くいかないさおりに対し、三男は「ただ条件があります。将来一緒になるとして、家族が仲悪いのは絶対イヤです」と話し、さおりに折り合いの悪かった父親と仲良くすることを約束させ、2人はようやく恋人関係になった。

この放送に視聴者はTwitterに「三男!やっと気付いたかー!」「三男、君はやっぱりいい男だ」「米子と三男の展開でめっちゃほくほくしてます幸せです」「三男がかっこよすぎる〜!!」「頼りない男かと思ったらめっちゃいい男じゃん。もう返事が素敵すぎた」などの感想コメントが相次いだ。

そんな中、今週で最終回を迎える同番組に対し「つらい〜〜寂しい〜〜」「ひよっこロスになりそう」「最終章寂しいね」「朝ドラなんて初めてハマった…」といった終了を惜しむ声も多く上がっている。

関連画像

関連記事