鈴木京香“年下との付き合い方”の悩み告白に明石家さんま「大変やと思う」

2017.9.21 21:00

鈴木京香“年下との付き合い方”の悩み告白に明石家さんま「大変やと思う」サムネイル画像

鈴木京香

20日に放送されたフジテレビ系「ホンマでっか!?TV」に出演した、女優・鈴木京香が、ある意外な悩みを告白する場面があった。

鈴木京香は、同番組で「年下と気軽に付き合えないようなんです」と悩みを告白し、どうしたらいいのか、とアドバイスを求めた。これに対して番組MCの明石家さんまが「年下の彼氏が出来ないってこと?」と聞くと「友達でも、後輩でも、仕事仲間でも」と年下と付き合うのが苦手なのだと明かした。

そして特に悩んでいるのが、仕事の現場でのことだと言い、年下となかなか話が出来ないという悩みを打ち明けた。これに対してさんまは「年下ビビってますよ〜。主役の鈴木京香が喋らないってな。それはそれは後輩大変やと思う」と、鈴木と仕事を共にする後輩の気持ちを慮った。

これに「年上の人だとすごく気楽に話せるんですよね」と話す鈴木は、ご飯に誘っていいのか分からない、話しかけるタイミングが分からない、何の話題を振っていいのか分からないという悩みのポイントを説明。さらに食事に誘ったとしても、本当にこの料理でよかったのか、量は少なくなかったか、いつタクシーを呼んで帰せばいいかなど細かいところまで気になってしまうと言う。

これに対して、脳科学者・澤口俊之氏は女性は年下と接するのが苦手な傾向があるといい、年下好きと年上好きが二分化されることが多いと説明。鈴木も昔から親戚と集まった時も年上のお兄さんお姉さんと遊ぶ方が楽しかったと振り返っていた。

関連画像

関連記事