妻夫木聡、子役時代の神木隆之介の印象を明かす「まだ小学校3年の時に…」

2017.9.20 21:00

妻夫木聡、子役時代の神木隆之介の印象を明かす「まだ小学校3年の時に…」サムネイル画像

19日に日本テレビ系『火曜サプライズ』に俳優の妻夫木聡が出演し、ウエンツ瑛士とトークを展開した。

番組内で妻夫木が、ウエンツに仲の良い友人は?と質問。ウエンツが「役者さんは何人か、そうやって最近増えてきたかな、神木くんとか」と神木隆之介の名前を挙げると、妻夫木は「神木隆之介も大人になったよねえ」と、しみじみしたようにコメント。

妻夫木は続けて「隆がまだ小学校3年の時に同じドラマやってさぁ」と、子役時代に共演した神木に関して話し始めた。神木は撮影直前まで妻夫木や共演者のユースケサンタマリアに「遊ぼ!遊ぼ!」とじゃれていたが、本番の声かけが始まった途端に真剣な演技に入っていたといい「嘘でしょみたいな。俺の気持ちとかないんだ」と、その頃の神木の印象を明かした。

これにウエンツは「でもその遊ぼは変わんないかも。今もう22、3になっても連絡で「遊ぼ!遊ぼ!」ってLINEで「遊ぼ!遊ぼ!」ってすごいくるから」と、現在も似たような印象はあると話しながら、妻夫木も「結局変わってないんだね」と、和やかな雰囲気で神木の印象を語り合っていた。

ウエンツが自身の交友関係を同番組内で明かしたことは過去にもある。生田斗真が番組出演した際、子役時代以来の共演に「18年、9年ぶりぐらい……かな」と振り返りながらもう一度ハグ。ウエンツは中学時代に交換した生田の連絡先がまだ携帯に残っていると明かしていた。

関連画像

関連記事