長澤まさみ、自身のモノマネをする芸人・福田彩乃らに対する気持ちを告白「昔はそれが嫌だった」

2017.9.12 17:20

長澤まさみ、自身のモノマネをする芸人・福田彩乃らに対する気持ちを告白「昔はそれが嫌だった」サムネイル画像

長澤まさみ

11日に放送された日本テレビ系『しゃべくり007』に長澤まさみが出演し、自身が芸人にモノマネされることに対して話す場面があった。

番組内で長澤はMCの上田晋也から好きなタイプを聞かれ、「笑顔がイイ人ですかね」と答えた。

続けて長澤はこの理由として「私よく人に自分の笑い顔を真似されるんですけど」と話し、上田が「福田彩乃とかね」と、よく長澤のモノマネをする福田の名前を挙げた。

そして長澤は「そうやってよく真似されるんで、昔はそれが嫌だったんですよ。神経質なんで自分が」と、モノマネされることに好感を覚えていなかったと告白。

これに上田が「バカにされてる感が」と相槌を打つと、長澤は「そう思ってすごく嫌だったんですけど」と冷やかされているような気持ちだったと語りながら「でもそれ見てみんな笑うんで、なんか嬉しくなっちゃって」と、現在は否定的な気持ちではないと明かしていた。

過去に福田に関するエピソードを話したのは窪田正孝もいる。俳優の窪田正孝は、唐沢寿明と福田が酒の席でお互いを叩き合ってみんなで笑うのが恒例になっている事に対し、福田へ「あのさ、それ大先輩にすることじゃないから。今日初対面だけど、それはあり得ないから。本当申し訳ないけど、唐沢さんになんかする人だけは許さないから」と福田を諌めて唐沢から止められたことがあるという。

関連画像

関連記事