西川貴教、政界進出の打診を明かしTHE ALFEE・高見沢俊彦後押し「ロックシンガーの知事ってすごい」

2017.8.28 21:20

西川貴教、政界進出の打診を明かしTHE ALFEE・高見沢俊彦後押し「ロックシンガーの知事ってすごい」サムネイル画像

西川貴教

27日に放送されたフジテレビ系「ボクらの時代」に出演したT.M.Revolution 西川貴教が自身が主宰する音楽フェスについて語った。

番組ではTHE ALFEEの高見沢俊彦と音楽プロデューサーである武部聡志と西川の3人で音楽やお互いの交流についてトークを展開していった。

武部は西川について「今時少ない男気を感じるミュージシャン」だと印象を語り、「だから多分、西川よりも後輩にはすごい慕われてるんじゃないかなと思うんだよね」と話した。これに高見沢は「体育会系だもんな」「この体、体育会系だろ、お前、どう考えても」と西川の胸あたりを軽く叩いた。すると、西川は同じく体を鍛えている高見沢に「言われたくないです」とツッコミを入れ笑っていた。

西川は筋肉トレーニングをしている理由を「僕は本当にライブができればそれでいいんですよ」といつでも歌える状態でいたいからだとした。さらに、西川は「しばらく動かないとかなっちゃうと、動けなくなるんじゃないかなみたいな」と不安を口にした。

また、高見沢は「西川もいろいろ幅広いじゃない。」と西川が地元の自治体を巻き込んで主宰する「イナズマロック フェス」について話題を振り、「そのうち西川も知事だな」「デビューするか?政治家で。応援行くぞ」と冗談交じりで提案した。

これに西川は「我々、自覚あるくらいおかしな人たちじゃないですか」と前置きをして、「そんなところに、今ね、いろんなこう話が回ってきて、『どこどこの党の方から』とか来るんすよ」と政界からも話しが来ると明かした。

この話に武部と高見沢が「向いてると思われてんだよ」と話し、「ロックシンガーの知事ってすごいじゃん」と感想を述べると、西川は「やんない!」と大きく手を振って政界進出を否定した。

西川貴教は、県知事と対談したことがきっかけで、故郷・滋賀県の初代「滋賀ふるさと観光大使」を務めることになったという。任命されて以来、県初の大型野外ロックフェス「イナズマロックフェス」を主催、地方自治体の協力のもと、毎年滋賀県にて開催。地元の音楽発展に貢献している。

関連画像

関連記事