AAA『a-nation 2017』初のヘッドライナー ピコ太郎・三浦大知・EXILE THE SECONDらが観客を魅了

2017.8.28 12:46

AAA『a-nation 2017』初のヘッドライナー ピコ太郎・三浦大知・EXILE THE SECONDらが観客を魅了サムネイル画像

AAA

今年で16周年を迎えた夏の風物詩「a-nation」。今年も東京・味の素スタジアムで「a-nation 2017」が8月26日(土)に開幕した。

初日はピコ太郎をはじめ、lol、三浦大知、EXOほか、ヘッドライナーにAAAを迎え開催された。

まずはオープニングアクトとして、α-X’s(アクロス)、フェアリーズによるパフォーマンスが展開され、蒸し暑さを吹き飛ばす新鮮なステージを楽しませてくれた。

14時半から本編スタート。今年のトップを飾ったのは、EXILE THE SECOND。「Yo! Yo! Yo! Yo! a-nation!調子はどうですか!?」とメンバー6人が登場すると火薬花火が上がり「HERE WE GO」でライブが始まった。DJブースがステージ床下から登場する演出などもあり「PUT YOUR HAND!」の掛け声とともにあっという間にスタジアムのオーディエンスは一体となった。

続いては、ピコ太郎がいつものファッションで現れ『PPAP』を披露した。「すごい人数ですねぇ、ちょっと数えてみます」と会場を笑わせると、新しく買ったサングラスと大好きなオレンジジュースを曲にした超ショートな2曲を披露。最後は会場を左右でアップルチームとパイナップルチームに分けサビを歌わせての『PPAP a-nation remix』 で盛り上げた。

黄昏時に登場したのがEXILE USAを中心に結成されたDANCE EARTH PARTY。彼らのテーマ『D.E.P!!!』と『WAVE』で一気に会場を盛り上げると、USAとTETSUYA、そしてShizukaがキッズダンサーをステージに呼び込んでの『BEAUTIFUL NAME』では、スタジアム中がピースフルな空気に包まれた。

ステージも後半戦になり、満を持して登場したのが三浦大知。MCでは、日が落ちてからのa-nationに出させてもらうのは初めてとのことで、夜のスタジアムを楽しめた喜びを噛みしめていた。『EXCITE』では会場中がタオルを振り回す光景が広がり、そのままの勢いでラストの『Cry & Fight』へ。完璧にシンクロするダンスで話題になった名曲で締めくくった。最後のシューティングアクトはフィリピン出身のBeverly。昨年に続いて登場し、圧巻の歌唱力をスタジアムに響かせた。

そしてこの日のヘッドライナー。初のトリとなるAAAのステージが始まり、日高光啓が「さぁ最高の夜にしようぜa-nation!世界で一番言熱い夜作れるかa-nation!」とステージ上から煽った。AAA定番のパーティチューン『PARTY IT UP』で順調に会場はヒートアップしていく。「今年で13年目。13回目にして、ついにトリをいただきました!デビューして12年だけど、私たちデビュー前から出させていただいているんで」宇野がうれしそうに言うと「ステキ!みんなのペンライトっ!」と、テンションが高まった西島がはしゃいだ。

その後、夏の終わりに似合う名曲『恋音と雨空』をしっとり歌い上げると、ステージに炎があがり『MAGIC』そして『No Way Back』と、アップテンポの曲が展開された。『GAME OVER?』が始まると、ステージ左右に分かれたメンバーがトロッコで会場外周を移動。ステージから一番離れた半周廻った位置で2台のトロッコが合流し、曲はそのまま次の『Yell』へ。そしてラストソングの『ハリケーン・リリ、ボストン・マリ』になると再びトロッコはステージ横まで移動し、クライマックスはメンバー全員がステージ中央でポーズを決め、その真上に花火が上がるという見事なビジュアルでバッチリ決めてた。

AAAはグループ初の4大ドームツアー公演を決まっており、9月2日(土)ナゴヤドームを皮切りにスタートする。

2日目となる27日(日)は、a-nation皆勤賞で大トリの浜崎あゆみをはじめ、BLACKPINK、D-LITE(from BIGBANG)、GENERATIONS from EXILE TRIBE、iKON、MY FIRST STORY、TRF、VAMPSらが夏の締めくくりを盛り上げた。

関連画像

関連記事