EXILE THE SECOND、世界的映像ディレクター・Dave Meyers(デーブ・メイヤーズ)が手掛けた、全編LA撮影によるミュージック・ビデオが解禁

2017.8.25 17:30

EXILE THE SECOND、世界的映像ディレクター・Dave Meyers(デーブ・メイヤーズ)が手掛けた、全編LA撮影によるミュージック・ビデオが解禁サムネイル画像

EXILE THE SECOND

今年5月まで開催され全国40万以上を動員した初の全国アリーナツアーの興奮冷め止まぬ中、10/28より早くも次のツアー「EXILE THE SECOND LIVE TOUR 2017-2018 “ROUTE 6・6”」がスタートするEXILE THE SECOND。そんな最新ツアーのキックオフシングル「Route 66」のミュージック・ビデオが遂に公開となった。

MVの監督にはアメリカのトップクリエイター Dave Meyers(デーブ・メイヤーズ)を迎えた超大作になっている。Dave Meyersは、2003年のMissy Elliottの「Work It」で、その年のMTVビデオ・オブザイヤー (最優秀賞)を受賞。近年ではKendrick Lamarの「BE HUMBLE」の映像を監督。また、映画『美女と野獣』のテーマ曲、Ariana GrandeとJohn Legendの「Beauty and the Beast」のMVも手掛け、世界的に話題となった。今年度のアワードでも8つの賞にノミネートされており、全米の映像賞を多数受賞している世界的な映像監督の一人である。そんな彼が初めてJ-POPアーティストのミュージック・ビデオを手掛けたことは注目を集めること間違いない。

エネルギー溢れる楽曲から、「砂漠」や「悪い男」といったキーワードを掲げ、アメリカの文化にもなっているルート66をEXILE THE SECONDなりの新しい表現でとらえたMVとなっている。

ストーリーを具現化して視聴者を入り込ませる、楽しそうだから自分もそこに行きたいと思わせるビデオにしたいという監督の想いのもと制作されたMVの撮影は、7月上旬にアメリカ、ロサンゼルスにて行われた。日本での撮影とは違い、型にとらわれていない撮影現場となり、これまでに無い壮大な作品になっている。

リーダーの橘ケンチは、「監督に『Route 66』を聴いた印象を尋ねたら、車がドリフトしていたり跳ねたりというイメージだったそうなので、その通りアクションが多い撮影でした。撮影のスケール感にしても、エンタテインメントの捉え方にしても、LAに行ったから撮れたMVだと思います。もともとアメリカの音楽に影響を受けて歌やダンスを始めた僕らなので、今回の曲は特にアメリカで撮影することに意味があると思ってLA撮影を実現させたですけど、結果ばっちりなケミストリーが起こりました!」と完成した作品に自信溢れるコメントを寄せた。

常にエキサイティングで新しいことにチャレンジし続けるEXILE THE SECOND。この秋からスタートするアリーナツアーも今から非常に楽しみだ。

関連画像

関連記事

関連リンク