デビュー15周年の一青窈がアニバーサリーイヤーにTwitterを開設 ダイジェスト・ティザー映像も公開

2017.8.23 19:09

デビュー15周年の一青窈がアニバーサリーイヤーにTwitterを開設 ダイジェスト・ティザー映像も公開サムネイル画像

一青窈

今年、2002年シングル「もらい泣き」でデビュー以来、15周年を迎える一青窈。アニバーサリーイヤーを飾る、新曲「七変化」がシングル・リリース(9月13日発売)に先駆け、本日よりiTunes、レコチョク他、各主要配信サイトにて先行配信リリースされる。

一青窈デビュー15周年の“お祭り”の船頭となる待望のニューシングル「七変化」は、既にオンエア中のNHK BS時代劇『伝七捕物帳2』主題歌として、稀代のメロディー・メーカー水野良樹(いきものがかり)により書き下ろされた渾身の提供楽曲となっている。悪を裁く痛快な時代劇に寄り添い、一青窈が書き下ろした詩世界を歌い上げる。そんな、注目の「七変化」歌詞も歌詞サイト(歌ネット)にて本日より公開される。

また、デビュー15周年を記念してリリースが決定した初のオールタイムベスト・アルバム『歌祭文 ~ALL TIME BEST~』(※「歌祭文」読み:ウタザイモン)の10月11日発売に先駆け、本日より「歌祭文」ダイジェスト・ティザー映像が公開される。

「ハナミズキ」「もらい泣き」他、代表曲をリリース順に収録したヒット曲満載の Disc.1「一青歌祭文 (ひとと・うたざいもん) 」と、待望の新曲や近年の人気曲を詰め込んだDisc.2「新盤歌祭文 (しんばん・うたざいもん) 」にそれぞれ15曲づつ、計30曲を収録(初回限定盤/通常盤共)した本作の魅力が堪能できる。

さらに、一青窈はアニバーサリーイヤーにオフィシャルTwitterを開設した。こちらもチェックしてみてはいかがだろうか。

関連画像

関連記事

関連リンク