「どんどんやばくなる」長瀬智也主演「ごめん、愛してる」麗子(大竹しのぶ)の隠し子疑惑が報道!その時、律の心境は?

2017.8.20 20:00

「どんどんやばくなる」長瀬智也主演「ごめん、愛してる」麗子(大竹しのぶ)の隠し子疑惑が報道!その時、律の心境は?サムネイル画像

(c)TBS

20日、第6話が放送されるドラマ「ごめん、愛してる」。

先週放送された第5話では、仕事を失った若菜(池脇千鶴)が凜華(吉岡里帆)の口添えで日向家で働くことになる。そこである騒動が起こり、律(長瀬智也)は若菜を辞めさせると宣言した。一方、サトル(坂口健太郎)と塔子(大西礼芳)が婚約。その婚約パーティーで麗子(大竹しのぶ)はピアノを弾くことに…という展開を見せた。

本日放送される6話の予告では、律の出生の秘密や、律と凜華の仲が進展する様子など、波乱の様子が描かれており、視聴者からはTwitterで、「予告やばい、、、」「来週急展開っぽい。気になる。」「来週まで待てないよーぅ」「どんどんやばくなるやん」など、加速する展開を楽しみにする声も見られた。

【第6話あらすじ】

麗子(大竹しのぶ)の隠し子疑惑が報道され、日向家にマスコミが殺到する。困惑する麗子を守るため律(長瀬智也)は報道陣を相手に暴れる。世間に律の存在が明るみになる事を恐れた恒夫(中村梅雀)は、律を納戸に閉じ込める。麗子は自らのスキャンダルでサトル(坂口健太郎)の将来に悪影響を与えてはならないと思い、記者会見ですべてを語ることに。凜華(吉岡里帆)と会見の模様を見た律は、麗子の告白を聞き…。

一方、婚約したサトルと塔子(大西礼芳)は旅行へ。そこで、塔子は今まで明かさなかった父親の存在をサトルに教える。闘病中の父親はまもなく亡くなり、塔子はサトルの前から姿を消す…。

関連画像

関連記事

関連リンク