Charaプロデュースの新曲をリリースする新山詩織 MVは映画「スワロウテイル」の岩井俊二が手掛ける

2017.8.9 16:57

Charaプロデュースの新曲をリリースする新山詩織 MVは映画「スワロウテイル」の岩井俊二が手掛けるサムネイル画像

新山詩織&Chara

9月6日にニューシングル「さよなら私の恋心」がリリースする新山詩織。

今作はサウンドプロデュース・楽曲提供でCharaが参加している。当初、新作の制作に向かうにあたり、本人とスタッフ間で打ち合わせをしたところ、新山詩織自身もYouTubeでカバー動画をアップするなど、同じ女性アーティストとして尊敬しているCharaの名前が挙がり、プロデュースしてもらえないかスタッフを介してラブコールを送ったことから実現した意欲作となっている。

そして、今作のMusic Videoが本日新山詩織のオフィシャルYouTubeチャンネルに公開された。ミュージックビデオの監督は岩井俊二だ。

新山本人のCharaとの出会いが、彼女の父親からオススメされた映画「スワロウテイル」(1996年作品/監督:岩井俊二)だったという。作品に感動し、それと同時に初めて聴いたYEN TOWN BANDの「Swallowtail Butterfly~あいのうた~」にも魅了された。その後、ある音楽フェスで初めてCharaのライブに参加し、「Swallowtail Butterfly~あいのうた~」を生で聴いた。会場を一瞬にして包み込む歌声と楽曲の力、パフォーマンスに感動した、と後に語っている。映画「スワロウテイル」が公開された1996年は新山詩織が生まれた年であることもまた、不思議な偶然じゃなかろうか。

今作のサウンドプロデュースでCharaが参加することが決まった後、「スワロウテイル」の運命性がよぎり、ミュージックビデオの監督を岩井俊二にオファーした。デモを聴いた岩井が快諾して今回のタッグが実現した。

6月に撮影されたミュージックビデオは新山にとって初めてのワンカット撮影で行われた。歌詞で歌われている主人公の心象風景を10数人の女性キャストとともに表現、新山詩織の新たな一面を岩井俊二が引き出した作品となった。

【岩井俊二監督コメント】

楽曲を聴いていろいろ想像力を掻き立てられ、気がつけば頭の中に浮かんだイメージ通りに仕上がった気がします。
「さよなら私の恋心」をいろいろな女性に演じさせるという、やや過剰かもしれない演出がポーカーフェイスな詩織さんとは絶妙な化学反応になる気がしました。

【新山詩織コメント】

ずっと憧れていた岩井さんの描く世界に自分がいることが、今でも夢のようです。いつもとは違う、特別な緊張感がありましたが、撮影中「女の子達に寄り添うように」という岩井さんの一言がゆっくり前へと私の手を引いてくれ、気づけば身を委ねるように歩いていました。まるで物語のワンシーンのような、素敵な映像になりました。ぜひ曲と共に、堪能して頂けたら嬉しいです。

関連画像

関連記事

関連リンク