有働アナも号泣!女のぶつかり合いを見せた『ひよっこ』に「胸をかきむしられる」「15分が短すぎる」の声

2017.8.3 20:00

有働アナも号泣!女のぶつかり合いを見せた『ひよっこ』に「胸をかきむしられる」「15分が短すぎる」の声サムネイル画像

連続テレビ小説『ひよっこ』オリジナル・サウンドトラック2

3日に放送されたNHK系「あさイチ」に出演した有働由美子アナウンサーが生放送中に号泣する場面があった。

「あさイチ」の前に放送されたのはNHK連続テレビ小説「ひよっこ」で、この日は主人公・谷田部みね子(有村架純)が探し続けてきた父親にまつわる話が描かれた。

みね子の父親である谷田部実(沢村一樹)が2年半前から記憶喪失になり、大女優の川本世津子(菅野美穂)と暮らしていた事実が発覚したことによって大きな展開を見せていた同ドラマ。

川本を交え、みね子と母親・谷田部美代子(木村佳乃)との4人での話し合いの最中、警察に届け出なかった川本に対し、美代子が今までの苦しさをぶつけた。これに川本は「出て行って欲しくなかったんです」と泣きながら謝罪をし、自分の切ない思いを吐き出した。そして、川本は実に別れを告げ、家族3人が一緒に川本の家を後にしたところまでが描かれた。

立場の違う4人それぞれの気持ちが表現されたこの日の放送に、視聴者はTwitterで「胸をかきむしられる」「女二人はこれでいいのだけど、実さんの気持ちは?!」「言い訳しなかった世津子さんの強さも切ないね」「みね子さんは島谷さんとお別れしたから世津子さんの気持ちも分かっちゃうよね」「15分が短すぎる」など様々な感想を寄せ盛り上がりを見せた。

さらに、その後に放送された「あさイチ」では「ひよっこ」の余韻が残っており、番組MCの有働アナウンサーが「世津子の気持ちになっちゃったから」と笑いながら涙を流した。これを見かねた井ノ原快彦がハンカチを差し出し、有働アナウンサーは「ありがとう、ごめんね」と涙を拭き、共演者たちの笑いを誘った。

関連画像

関連記事