オアシズ・大久保、光浦とコンビ不仲説に言及「顔も見たくないとか…」

2017.8.1 20:00

オアシズ・大久保、光浦とコンビ不仲説に言及「顔も見たくないとか…」サムネイル画像

大久保佳代子

7月31日に放送された日本テレビ系『しゃべくり007』に芸人コンビのオアシズが出演し、不仲説があると言う二人の関係性に関して言及した。

番組MCの上田晋也は「本日のスペシャルゲストは『仲悪いんですか?』とよく聞かれるコンビです」とカンペを読み上げながらオアシズを紹介。

登場した二人に、上田が「仲悪そうとかって言われんの?」と、質問。これに光浦靖子は、よく言われると話しながら「なんだろ、女のコンビは仲悪くあってほしいっていう、ゴシップの対象になるっていう」と、不仲説がある理由を推察した。

そして大久保佳代子も「あと二人でそこまで出てないっていうか。ここコンビだったの?って言われること未だに」と、二人がコンビだと思われていないこともあると話した。

また、光浦も「(記者から)一緒に飲みに行かないんですかって言われて『いや飲みに行きません』っていうと、『わぁ仲悪い!』とかって」と、仲が悪いわけではないと否定。

上田も「我々はデビュー当時から一緒、仲良いイメージしかない」と話すと、二人は7歳から一緒にいるのだといい、大久保は「ありますよ、今までにそりゃあね。顔も見たくないとか、死んでくれたらいいなと思ったことありますよ」と大胆な暴露。

しかし大久保は「今や同い年だし、疲れ具合は一緒だし」と、今は落ち着いた関係である様子をのぞかせ、光浦も「そうだよね、ババアだよねもう」と、同意しながら不仲説を一蹴した。

過去に不仲説言及した芸能人は山下智久もいる。ドラマ「野ブタ。をプロデュース」で、KAT-TUNの亀梨和也と共演をする前には「2年くらい口きかなかったときがあった」と話した。当時“一匹オオカミ”であった亀梨に不満があったという山下は「一匹オオカミぶるな」と当時の亀梨に伝えたと語るも、亀梨は山下のことを嫌っているわけではなかったと話し、現在ではわだかまりも解消して友好的な関係を築けているという。

関連画像

関連記事