TOKIO・城島茂と国分太一の、ある気遣いにネット絶賛「嬉しくなった」「TOKIOさんに頭あがりません」

2017.7.31 20:00

TOKIO・城島茂と国分太一の、ある気遣いにネット絶賛「嬉しくなった」「TOKIOさんに頭あがりません」サムネイル画像

30日に放送された日本テレビ系「ザ!鉄腕DASH!!」でTOKIOが見せたある行動が話題になっている。

番組では生き物と一緒に暮らす未来の街を作るべく、東京のビル屋上で様々な植物を育てる企画”新宿DASH”が放送された。

TOKIOの城島茂と国分太一がビルを訪れると、栽培しているカブの花から鞘ができるなど成長が見られた。城島は鞘を手で確認しながら「上出来ですよね」とカブの成長に満足した様子だった。

しかし、国分が別のカブを指差し、「なんで枯れてるのかなと思ったけど、種全部食べてないですか?これ」と指摘すると、城島も驚きの声を上げた。

カブの鞘の中にある種を器用に食べた犯人を特定するべく、カメラを設置し、観察すると、”カワラヒワ”という最近では希少な野鳥だと判明した。映像に映っていたカワラヒワはオスとメスとヒナの3匹で、TOKIOの2人は巣立ちの準備をしている野鳥の家族を応援するように見守っていた。

河原のような場所が好きなカワラヒワは草の種を餌にしており、近年、川の周りがコンクリート塀になってしまったことで、ビルの屋上まで餌を探しに来たという。そんな状況を知った城島は「こういう(種が実る)環境を残しといてあげたいね」と自分たちの畑を生き物たちの餌場として提供しようと提案した。これに国分も賛成し、自分たちが必要な分だけの種を採り、残りの種については「みんな(カワラヒワ)に食べてもらって」とそのままにすることとした。

この城島と国分の行動にTwitterでは「カワラヒワ親子の為に種を残してくれてありがとりございます」「駆除せず鳥さんの食べる分と来年蒔く種とわけて自然の動物と共存していくのみて嬉しくなった。」「鳥から食べられないようにしよう、じゃないんだよね。」「TOKIOさんに頭あがりません」「欲張らずに自分が持てるだけのものを、大切にするように心掛けよう。」などの絶賛のコメントが多く見られた。

同番組では今まで数多くの稀少生物を発見しており、以前、東京湾で絶滅寸前の幻の魚であるイシガレイを捕獲するもTwitterでは「奇跡の発見!って言われても『うんうんTOKIOだしね』ってあまり驚かなくなってる」「毎月のように絶滅危惧種を見つけるアイドル」と番組で捕獲する稀少生物の多さが話題になっていた。

関連画像

関連記事