新田真剣佑、窪田正孝の無茶ぶりに渾身の返しで大拍手…三浦翔平は永野芽郁なら「いくらでも蹴ってほしい」と願望を告白

2017.7.14 17:30

新田真剣佑、窪田正孝の無茶ぶりに渾身の返しで大拍手…三浦翔平は永野芽郁なら「いくらでも蹴ってほしい」と願望を告白サムネイル画像

(c)E-TALENTBANK

関西テレビ・フジテレビ系の7月期“火9”ドラマ『僕たちがやりました』(7月18日夜9時スタート)の制作発表イベントが13日、都内にて開催され、主演の窪田正孝、出演の永野芽郁、新田真剣佑、三浦翔平、水川あさみ、間宮祥太朗、葉山奨之、川栄李奈、今野浩喜が登壇し、意気込みを語った。

同作は、“そこそこ”でよかったはずの日常が大激変する、クズだけど必死に生きる若者たちの青春逃亡サスペンス。イマドキの若者4人が通っている高校の向かいにあるヤンキー高校の不良に仲間がボコボコにされ、ちょっとしたイタズラ心で復讐を企てるが、気づいたときにはヤンキー校が火の海に。

窪田が主人公の高校生・増渕トビオを演じ、永野はトビオの幼なじみで高校生の蒼川蓮子役。トビオの遊び仲間4人組のメンバーを葉山、今野、間宮が、間宮演じる伊佐美の彼女役を川栄が、ヤンキー高校の不良を新田が、トビオたちを追跡する刑事を三浦が、トビオたちの担任教師を水川が演じる。

新田真剣佑、窪田正孝の無茶ぶりに渾身の返しで大拍手…三浦翔平は永野芽郁なら「いくらでも蹴ってほしい」と願望を告白画像39407

間宮祥太朗/(c)E-TALENTBANK

第1話の試写会が行われた後、メンバーたちは、客席間の通路を通って、ステージにあがった。MCから「巨乳でエロかわ系」と紹介された川栄は、照れ笑いを浮かべながら「みなさんこんにちは」と元気にあいさつし、「巨乳の今宵ちゃんをやらせて頂いてます」と続けた。さらに「さっきから、巨乳、巨乳という言葉があるたびに間宮君からの『偽りだろ!』みたいな冷たい視線がすごくて」と指摘し会場を盛り上げた。続く水川も「美人で、可愛くて、スタイルがよくて、脚が長くて、巨乳で……」と自身の役柄を紹介する軽快なトークを披露したが、共演者たちから「巨乳は言い過ぎですよ!」と突っ込まれ、イベントはノリノリの雰囲気でスタートした。

新田真剣佑、窪田正孝の無茶ぶりに渾身の返しで大拍手…三浦翔平は永野芽郁なら「いくらでも蹴ってほしい」と願望を告白画像39388

永野芽郁/(c)E-TALENTBANK

現在高校3年生の永野は、窪田とは、中学生のとき以来の共演という。窪田は「ぜんぜん変わらず真っすぐな目で見つめてきたので。ときどき、『生きていてごめんなさい』と思ったりしました。それくらいピュアで真っすぐなところは、今も変わっていないと思います」と述懐。しかし、同ドラマの中では、窪田と永野のファーストシーンは、永野が窪田に飛び蹴りをくらわす場面だそう。永野は「飛び蹴りがぜんぜんうまく行かなくて、何度も、何度も、蹴らせて頂いて、何度も、何度も、倒れてくれたので、助かりました」と回顧。「“早く決めろよ”みたいな顔をされてもいいくらいだったのに、『がんばってね』、『こうすればいいから』とアクションの先輩としてもアドバイスを下さりました」とも。

新田真剣佑、窪田正孝の無茶ぶりに渾身の返しで大拍手…三浦翔平は永野芽郁なら「いくらでも蹴ってほしい」と願望を告白画像39390

三浦翔平/(c)E-TALENTBANK

すると、三浦は「でも、芽郁に蹴られるんだったらいいよね」と納得の表情。永野は「本当ですか?」と驚いていたが、窪田は「そうなんだよ。ナイス、フォロー!」と三浦のひと声を絶賛。三浦は「芽郁だったらいくらでも蹴ってほしいな」と“蹴られたい願望”を炸裂させ、イベントを盛り上げた。

新田真剣佑、窪田正孝の無茶ぶりに渾身の返しで大拍手…三浦翔平は永野芽郁なら「いくらでも蹴ってほしい」と願望を告白画像39391

(c)E-TALENTBANK

永野は、共演者の中で「頼りになるお兄ちゃんは?」と質問されると「窪田さん!」と回答。会場から「おお〜!」と歓声が上がった。理由を尋ねられた永野は「えっ、お兄ちゃんみたいだから」と口にしたが、三浦の方を見て、「迷ったんですよ。横で素敵な瞳で見つめてくれて」とつぶやいたものの、「でも、いつまでも、先生でいてほしいな」と本音を告白。永野と三浦は青春ラブコメ映画「ひるなかの流星」(2017年3月)に三角関係を演じる生徒と教師役として出演しており、「僕たちがやりました」では刑事役を演じる三浦のことを「先生」と呼んでしまうこともあるそう。永野が「いっつも『先生、先生』って言っていたから、つい」と口にすると、三浦は「可愛いねえ。ずるいよね。今日、帰ったら(永野がイメージガールを務める)カルピスを飲もう」と切り返し、会場を盛り上げた。

新田真剣佑、窪田正孝の無茶ぶりに渾身の返しで大拍手…三浦翔平は永野芽郁なら「いくらでも蹴ってほしい」と願望を告白画像39397

窪田正孝/(c)E-TALENTBANK

他にも、プロデューサーから「シニアに需要がある」と指摘されたという水川が現場で「シニア」と呼ばれているエピソードが明かされたり、窪田が「この作品で、僕は役者人生で初めてケツを出しましたから。この先、お楽しみにして頂ければと思います。まあ、ケツなんか見ても仕方ないと思いますけど」などと語るなどし、登壇者たちはノリノリでトークを繰り広げ、会場を笑いの渦に包んだ。

新田真剣佑、窪田正孝の無茶ぶりに渾身の返しで大拍手…三浦翔平は永野芽郁なら「いくらでも蹴ってほしい」と願望を告白画像39406

新田真剣佑/(c)E-TALENTBANK

そんな中、1人だけ別の学校の不良役ということで、硬派な姿で登場していた新田は「盛り上がっている中には僕は役的にも入れないので」といい、加えて「今日は、ちょっと真面目な場かなと思って気を引き締めてきたんですが」とポツリ。そんな新田だったが、窪田から「(現場では)スイッチが入る瞬間はあるよね」と声を掛けられると、新田は「スイッチを入れて来たんですよ。だけど、オフになりました」と話した。新田が、監督の「よ〜い」という声を聴くとスイッチが入ることを明かすと、新田のスイッチが入る瞬間を実演するために、窪田が会場にいた監督に「監督の『よ〜い』をお願いします」と無茶ぶりを始めた。新田は、監督から「よ〜い」の声が掛かった瞬間に、砕けた表情から不良役の硬派な表情に変身。無茶ぶりに果敢に対応した新田に惜しみない拍手が送られたが、新田は「台本にないことをやらないでほしいです」と悲鳴を上げていた。

“火9”ドラマ『僕たちがやりました』は、関西テレビ・フジテレビ系にて、7月18日夜9時スタート。

関連記事