織田信成がレゴのSNSアプリに父親太鼓判!?「レゴはワクワクやクリエイティビティを育んでくれる」

2017.7.11 18:52

織田信成がレゴのSNSアプリに父親太鼓判!?「レゴはワクワクやクリエイティビティを育んでくれる」サムネイル画像

織田信成

ブロック玩具ブランド「LEGO」の日本向け展開を行っているレゴジャパン株式会社は、同社初の公式無料SNSアプリ「LEGO Life レゴライフ」を6月26日に公開。そのローンチ記者発表会が7月6日、都内で行われ、特別ゲストとしてプロフィギュアスケーターの織田信成が登壇した。

「LEGO Life レゴライフ」は、レゴで作った作品をシェアすることができる無料ソーシャルネットワーキングサービス。自分の作品の投稿や他のユーザーの投稿に対しての「いいね!」、ユーザーのフォローといった一般的なSNS機能が備わっている。またユーザー同士による絵文字でのメッセージ交換など、オリジナル機能を加え、たくさんの人と楽しめる仕様になっている

織田信成がレゴのSNSアプリに父親太鼓判!?「レゴはワクワクやクリエイティビティを育んでくれる」画像39110

織田信成/(c)E-TALENTBANK

夏らしく、爽やかな浴衣に身を包み現れた織田は、自身とレゴとの思い出について聞かれると、「小さいときからレゴが大好きです。先日も、浅田真央ちゃんが僕の子どもたちにレゴをプレゼントしてくれて、家族みんなでマンモスのレゴを作りました。うちの子は、レゴで遊ぶときは集中力や想像力を働かせて一心不乱に作るんですよ」と浅田と愛息のエピソードを紹介した。

織田は小学校1年生、4歳、0歳という3人の息子の父親として、日々子育てに奮闘している。それだけにアプリの安全面は気がかりだったようで、ユーザー登録には保護者の許可が必要であり、さらにはユーザー同士のやり取りには、ポジティブな意味合いのオリジナル絵文字のみ使用できるといった制限により、高い安全性が保たれているという説明を聞いて安心した表情に。「文章だと子どもがどんな内容のことを打つのか不安になります。これなら親も、『このアプリで遊んでおきなさい』と安心して子どもにスマホを渡すことができますよね」と、織田ならではの親目線なコメントが飛び出していた。

織田信成がレゴのSNSアプリに父親太鼓判!?「レゴはワクワクやクリエイティビティを育んでくれる」画像39105

織田信成/(c)E-TALENTBANK

この日は七夕前日ということで、「スケートを頑張っている子どもたちが滑っている姿を家族で応援したい」という織田の願い事をレゴで表現した、3種類の“願い事レゴ”を用意された。華麗に舞う息子やスケート靴、夫婦で応援する織田や妻の姿が表現されたレゴの世界観を織田は「とっても可愛い!」と絶賛した。

そして1番気に入ったという、日本の国旗を背に氷上で高くジャンプしている息子さんが表現された作品を、織田が実際に写真を撮って「LEGO Life レゴライフ」に投稿するシーンも。撮影の角度に苦戦しながらも、楽しそうな表情で初投稿をすませていた。

織田信成がレゴのSNSアプリに父親太鼓判!?「レゴはワクワクやクリエイティビティを育んでくれる」画像39109

織田信成/(c)E-TALENTBANK

さらに記者発表会の最後には、事前に内緒で聞いたという織田の長男と次男の願い事が書かれた短冊を紹介するサプライズも。「スケートや勉強を頑張りたい」「スケートが上手になって振付してもらえますように」という二人の願い事を読み上げた織田は、「え~! めっちゃ嬉しい! ちょうど昨日、長男にスケートの振付をしていて、次男から『僕にも振付をしてよ』と言われていたんですよ!」とサプライズに感極まっていた。

「LEGO Life レゴライフ」の魅力を実感した織田は、「定期的に作品づくりのお題が配信されるので、ワクワクさやクリエイティビティを掻き立ててくれるのはとても良いですね。うちの息子たちには『LEGO Life レゴライフ』でクリエイティビティを育んで、氷上での表現に活かして欲しいです」と、発表会を締めくくった。

関連記事

関連リンク