どれを見る?2017年の夏ドラマ、続々スタート!豪華ラインナップの注目作品を主題歌と共にチェック【前編】

2017.7.15 19:05

どれを見る?2017年の夏ドラマ、続々スタート!豪華ラインナップの注目作品を主題歌と共にチェック【前編】サムネイル画像

(C)TBS

季節が移り変わり、夏ドラマのニュースも多くなってきたこの頃。そんな7月スタートの新ドラマをまだチェックしていないという方も少なくないのでは?そこで今回は、各曜日ごとにピックアップした話題のドラマと主題歌を紹介する。

◆「コード・ブルー」フジテレビ系7月17日(月)21:00から

【見どころ】
過去には1stシーズン、2ndシーズンやスペシャルドラマも放送され、好評を博していた同ドラマがついに帰ってくる。俳優陣は以前と同様、山下智久、新垣結衣、戸田恵梨香、比嘉愛未、浅利陽介が出演。また、新たな出演者として、Hey! Say! JUMP・有岡大貴、成田凌、新木優子、馬場ふみかを配役。前回のシリーズから成長した俳優陣の演技はもちろん、1stシーズンから10年の医療キャリアを重ねてきた、山下ら演じるキャラクター達の姿と、新たな俳優陣が演じるキャラクター達の関係にも注目したい。

【あらすじ】
“ドクターヘリ”に乗り込むフライトドクターを目指す若者たちの姿を描いた医療ドラマ。医師・看護師としてのキャリアも10年を超え、かつてはフェローであった5人が一人前の医師・看護師として救急救命の最前線で活躍する。

【主題歌】
Mr.Children「HANABI」
主題歌は1stシーズン、2ndシーズンと変わらず同曲が続投となっており、過去作と変わらずドラマに彩りを添える。

◆「僕たちがやりました」フジテレビ系 7月18日(火)21:00から

【見どころ】
主演は窪田正孝が勤め、永野芽郁、新田真剣佑、間宮翔太郎、葉山奨之、今野浩喜、川栄李奈、三浦翔平らが傍に華を添える。同ドラマは、原作・金城宗幸、漫画・荒木光による人気作の同名コミック。窪田ら演じる、クズだけど必死に生きる若者たちが送る青春逃亡サスペンスとなっている。人気俳優が集まった豪華なキャストはもちろん、漫画原作ならではの、ドラマと原作の違いも楽しめるのではないだろうか。

【あらすじ】
”そこそこ”で生きていた、いかにもイマドキな4人の若者達。ある日、通っている学校の向かいにあるヤンキー高校の不良たちに、仲間をボコボコにされ、ちょっとしたイタズラ心で復しゅうを企てる。ところが計画実行の日、それはとんでもない大事件に発展してしまう。気づいたときには、向かいのヤンキー高校が火の海に!ワケがわからないまま、あっという間に”爆破事件の容疑者”になってしまった彼らが選んだ道は”逃げる”ことだった…。

【主題歌】
DISH//「僕たちがやりました」
作詞・作曲はOKAMOTO’Sのオカモトショウが担当。窪田らとのスペシャルユニット”DISH//と凡下高がやりました”も結成し、同曲のMVにも出演。ドラマとマッチした世界観の楽曲になっているようだ。

◆「カンナさーん!」TBS系 7月18日(火)22:00から

【見どころ】
原作は、深谷かほるによる同名漫画。主演を渡辺直美が務める。今回、主人公の職業がファッションデザイナーということから、自身がプロデュースするブランドを持つ渡辺とは親和性も高く、大胆で前向きな主人公のキャラクターも相まって、渡辺はハマり役と言っても過言ではないだろう。

【あらすじ】
パワフルで豪快、思い込んだら一直線の女・鈴木カンナ(渡辺直美)。雇われファッションデザイナーとして働く彼女には「いつか自分のデザインした洋服で世界中の女性をイイ女にしたい!」という夢があるが、斬新すぎる趣味になかなか時代がついてこず、会社ではちょっぴり浮いた存在。しかし、夢をあきらめることなく、いつもポジティブ。イケメン夫・鈴木礼と一人息子の麗音とともに毎日楽しく暮らしていた。

しかしある日、あろうことか、ラブラブだったはずの夫・礼の浮気が発覚!!「冗談じゃない!」と息巻いて、ゲス夫を追い出したまではよかったのだが…。

【主題歌】
AI「キラキラ feat. カンナ」
ドラマプロデューサーの熱烈オファーにより実現した、渡辺とAIのデュエットソング。このコラボレーションに、AI本人も「直美さんと一緒に歌うっていうのが、本当にうれしくて。すごく気合を入れて作りました!」とコメントしている。

◆「過保護のカホコ」日本テレビ系 毎週水曜日22:00から

【見どころ】
人気女優・高畑充希が史上最強の”箱入り娘”を演じ、CMやドラマで活躍目覚ましい竹内涼真が、箱入り娘に”辛辣”な態度をとる画家志望の学生を演じる。爽やかなイメージの強い竹内が、今回の”辛辣”な役柄にどう挑んでいくのか気になるところだ。

【あらすじ】
現代の日本が生んだ「過保護の象徴」のような女子大生・カホコが主人公。何から何まで親の庇護のもと、生きてきた”奇跡の純粋培養人間”。就職間際の21歳にしてアルバイトもしたことがない。一人で服も選べない。送迎付きで駅まで歩いた事がない。そんな、ないない尽くしのカホコがついに抗菌のビニールハウスから雑菌まみれの世の中に飛び込んでいく。そして一人の青年に「お前みたいな過保護が日本をダメにするんだ」と告げられ、カホコの自分探しが始まり、毎回「こんなの初めて!」な経験を通して自分の中に眠っていた本当の力が家族の問題を解決していく痛快ホームドラマ。

【主題歌】
星野源「Family Song」
本曲はドラマ書き下ろしとなっており、星野も「脚本を読ませて頂き、家族をテーマにしたソウルミュージックにしたいと思いました。」とコメント。どのようにドラマにマッチするのか楽しみだ。

関連画像

関連記事