加藤浩次、共演時の“ももち”こと嗣永桃子を語る「スゲエ子出てきたなって」

2017.7.3 21:05

加藤浩次、共演時の“ももち”こと嗣永桃子を語る「スゲエ子出てきたなって」サムネイル画像

3日放送の日本テレビ系「スッキリ!!」で、お笑いコンビ・極楽とんぼの加藤浩次が、先日アイドルを引退した“ももち”こと嗣永桃子について称賛する場面があった。

番組では嗣永の引退ライブの模様を放送するとともに、ライブ前におこなわれた取材でファンやプロデューサーであるつんく♂とならび、加藤に対しても感謝が述べれらたという新聞記事を紹介。

かつてフジテレビ系「めちゃ×2イケてるッ!」において加藤が嗣永に蹴りを入れて物議を醸したが、「あの流れがあったから(世間に)知ってもらえたんです」と自身が世に出るきっかけを作ってくれたことに恩義を感じていると告白したという。

これを受け、加藤は「気合入ってたもん、あの時から」と当時を振り返る。共演時に加藤が行った粉まみれにした上に引きずるという行為を受けてなお「それでも前に出てくるって、スゲエ子出てきたなって思ってたもん」と嗣永の根性を称賛し、収録後に「ありがとうございました!」と楽屋へ挨拶に来たというエピソードも明かした。

6月30日に東京・青海野外特設会場でおこなわれた「嗣永桃子ラストライブ ありがとう おとももち」には、約8000人のファンが集結。“ファンの愛を受信するアンテナ”だった小指を、最後にゆっくりと折りたたんでステージ下へ消えていき、嗣永は15年間におよぶアイドル活動の幕を下ろした。

関連画像

関連記事