モー娘。リーダー譜久村、アイドル卒業目前のももちへの想いと先輩のラストライブへの意気込みを綴る

2017.6.30 20:45

モー娘。リーダー譜久村、アイドル卒業目前のももちへの想いと先輩のラストライブへの意気込みを綴るサムネイル画像

(c)UP-FRONT WORKS

29日にモーニング娘。’17のリーダー・譜久村聖が、『モーニング娘。’17 Q期オフィシャルブログ』で芸能界引退目前のカントリー・ガールズ・嗣永桃子への想いをつづった。

譜久村は「ももち先輩との 譜久村聖」というタイトルでブログを更新。「明日は…今凄く不思議な気持ちです。15年間ハロプロで過ごしてきた嗣永さん その内、譜久村は9年間を一緒にハロプロでご一緒出来た事、嗣永さんとお話したり、一緒に歌う事が出来た 全て聖の宝物です」と、現在の心境を明かす。

続けて、「Berryz工房さんの活動停止、本当に寂しかった でもPMとして活動されるカッコイイ嗣永さんに出会えてお仕事で関わり、プロ意識の高さを感じたり、受け継がれて行くことが嬉しくて Berryz工房としての嗣永さん、PMとしての嗣永さん、どちらの嗣永さんにも出会えて、学ぶ事が出来て嬉しかったです」と嗣永への想いをつづった。

また、ブログには「有明コロシアムにて突然『ふくちゃんこっち』って手をガシッと捕まれ…サインを書いてくださった瞬間」と、嗣永が譜久村のシャツにサインをしている写真をアップしている。

嗣永は30日の青海野外特設会場で行なわれる『嗣永桃子ラストライブ ありがとう おとももち 』をもって、ハロー!プロジェクトおよび芸能界から卒業する。譜久村は嗣永のラストライブについて「私たちモーニング娘。’17もオープニングアクトで出演させていたくことになりました」と自身も出演することを述べ、「精一杯の想いと感謝の気持ちでステージに立ちます」と、先輩の晴れ舞台への意気込みでブログを締めくくった。

嗣永は26日深夜放送放送のテレビ東京系「The Girls Live」で、アイドル卒業を目前に心境を明かしていた。卒業後に不安はないと聞かれた嗣永は「アイドルをやっていくにあたって、すごくわたし愛される能力を身につけたんですね、社交性とか、愛嬌とか」と語り、「なおかつビジュアルもいいわけじゃないですか。わりと無敵なんですよね。普通の25歳として」と“ももち節”を炸裂させながら「なのでどこ行ってもなんか割と上手に生きていける気がします」と笑いながらコメントしていた。

関連画像

関連記事