嵐・大野智は本番まで絶対練習しない? 相葉は「天才なのかと思っていた」

2017.7.2 19:00

嵐・大野智は本番まで絶対練習しない? 相葉は「天才なのかと思っていた」サムネイル画像

29日放送のフジテレビ系「VS嵐」で、嵐の大野智は普段全く練習をしないとメンバーが明かす場面があった。

映画「忍びの国」に出演する俳優陣が、主演の大野をリーダーとして参戦。ゲームを行う前に映画の共演陣が「大野智とは○○である」と題して、それぞれ大野の印象について語った。

俳優の鈴木亮平は、大野をズルイ男だと表現する。鈴木によると、大野は初見で「これ無理だよね」と話すほどの難しいアクションシーンも、次の日の稽古時にはこなしていたという。鈴木が「絶対隠れて相当練習してるタイプ」と話すと、大野も「(そのときは)練習した」と恥ずかしそうに認めていた。

続けて鈴木は嵐に「曲の振付とかもあるじゃないですか。(大野は)普段隠れて練習とかするタイプなんですか?」と質問。それに松本潤は「ソロとか1人で踊る振りとかがあるんだけど(5人で)合わせないじゃない、そうすっとリハーサル室で全然踊んないの。本番まで絶対踊んないの」と答えた。

さらに鈴木から「何でその努力は見せないんですか?」と聞かれると大野は「恥ずかしい」と返答。すると相葉雅紀は「俺はやってないのかと思ってた。天才なのかと思っていた」とコメントし周囲の笑いを誘う。大野も笑みを見せながら「俺天才じゃないんだよ」と返していた。

大野が主演を演じる映画「忍びの国」は、戦国時代を舞台に当時最強と言われていた織田信長軍と伊賀忍び軍の戦いを描いた物語。大野は普段は怠け者だが凄腕の忍者、無門を演じる。

関連画像

関連記事