ミリオンセラー作家・山田悠介が4年ぶりの長編小説が刊行!アニメの制作も決定し、THE SxPLAY(菅原紗由理)が主題歌を担当

2017.6.29 19:34

ミリオンセラー作家・山田悠介が4年ぶりの長編小説が刊行!アニメの制作も決定し、THE SxPLAY(菅原紗由理)が主題歌を担当サムネイル画像

『僕はロボットごしの君に恋をする』

『リアル鬼ごっこ』『その時までサヨナラ』『スイッチを押すとき』など数々のヒット作で知られる、ミリオンセラー作家・山田悠介が4年ぶりの長編小説、『僕はロボットごしの君に恋をする』を2017年10月中旬に刊行することがわかった。

また、小説刊行に伴い、プロモーションアニメの制作も決まっており、アニメ制作には『四月は君の嘘』『ソードアート・オンライン』などで知られるA-1 Pictures、キャラクターデザインに『君の膵臓をたべたい』のイラスト担当をしたloundraw、そして、テーマソングの担当に『君がいるから(FINAL FANTASY XIII テーマソング)』ほかで知られるTHE SxPLAY(菅原紗由理)の参加が決定した。

小説をアニメーションで彩る初の試みでもあり、新たな楽しみ方が生まれることも間違いないだろう。4年ぶりで期待が高まる小説の刊行と共に、この“僕ロボ”プロジェクトによるアニメーションの完成も非常に楽しみだ。

関連画像

関連記事

関連リンク