3ショットも披露!globeのボーカルに迎えられた島袋寛子が名曲を披露「KEIKOさんの歌声を楽しみにまってます!!!」

2017.6.29 20:50

28日放送のテレビ東京系「テレ東音楽祭2017」で、元SPEEDの島袋寛子がglobeのKEIKOの代役として歌を披露する場面があった。

番組にはTRF、華原朋美、globeの“小室ファミリー”メンバーが一堂に会し、それぞれの代表曲をメドレー形式で披露していった。

TRFは大ヒットした「survival dAnce~no no cry more~」「BOY MEETS GIRL」「CRAZY GONNA CRAZY」「EZ DO DANCE」の4曲を披露し、華原は馬にまたがり「save your dream」を歌い上げるパフォーマンスをおこなった。

そしてglobeの出番を迎えると、島袋とコラボし代表曲「FACE」「Precious Memories」の2曲を披露した。

島袋はパフォーマンス後、自身のTwitterで「小室さんの音楽、globeさんを聴いて育ってきた世代です。KEIKOさんのあの歌声が耳に残っていて。こんなにも緊張したことないほど緊張しました」と感想を綴った。そして「KEIKOさんの歌声を楽しみにまってます!!!」とKEIKOにエールを送っていた。

小室哲哉は先日、2011年にくも膜下出血を発症し、現在も療養中のため音楽活動からは離れているKEIKOと散歩する写真を自身のTwitterに上げており、元気そうなKEIKOの姿にファンからは喜びの声が多く寄せられていた。

 

画像出典:小室哲哉オフィシャルTwitter

関連画像

関連記事

関連リンク