ディーン・フジオカ、海外での驚きのハプニングを告白「アウトでしたね」

2017.6.29 7:05

ディーン・フジオカ、海外での驚きのハプニングを告白「アウトでしたね」サムネイル画像

ディーン・フジオカ

27日放送の日本テレビ系「ザ!世界仰天ニュース」で、ディーン・フジオカが食中毒にかかったときのエピソードを語る場面があった。

番組のテーマ企画「身近に潜む危険な食べ物SP」にゲスト出演したディーン。番組で急激に大量の銅を口にした際に起こる“急性銅中毒”について紹介されると、ディーンも自身が食中毒にかかったときのことを話し始める。

ディーンは台湾の台北市で火鍋を食べていたとき、ついてきたサテーソースがアルミの缶に入ったまま、長い間放置されていたものだったと話す。「金属といろいろ化学反応を起こしちゃって、それで食中毒になったことありますね」と明かすと、MCの中居正広は「それは店の人の責任だよね」とコメントしていた。

さらに、食品にあたってしまったことはあるかと聞かれたディーンが「氷に一回当たって……」と答えると、スタジオからは驚きの声が上がる。ディーンはムエタイを観にタイ・バンコクに行ったと話し、スタジアムで氷が入った飲み物を飲んだら当たってしまったという。中居が「それ駄目なの?」と尋ねると「アウトでしたね。もう5分とか10分ぐらいでトイレから出れなくなっちゃって」と答え、その日は試合観戦を楽しむことができなかったと振り返っていた。

ディーンは24日から公開されている映画「結婚」に出演している。女性の夢を破るも愛される魅惑の〈結婚詐欺師〉を体当たりで演じ、劇中ではピアノによる即興演奏にも挑戦している。

関連画像

関連記事