指原、NMB48・須藤凜々花へ“感謝の気持ち”「りりぽんがいなかったら……」

2017.6.25 19:05

指原、NMB48・須藤凜々花へ“感謝の気持ち”「りりぽんがいなかったら……」サムネイル画像

(c)STU

23日、動画配信サービス「SHOWROOM」で指原莉乃がNMB48・須藤凜々花に感謝の言葉を口にする場面があった。

この日の放送には指原のほかにAKB48の峯岸みなみと大家志津香が出演し、カラオケを中心とした配信が行われた。

カラオケを歌い終えた指原が突然、「ねぇ、どう思ったの?りりぽんが(結婚発表したことについて)。普通に感想を知りたい」と、先日行われたAKB48のシングル選抜総選挙の開票イベントのステージ上で結婚を発表した須藤についての話題を振る。

峯岸は発表当時、ステージ上の指原と観客席側から会話していたといい「お互い、これマジかな?って会話したよね」と信じられない気持ちだったと明かす。同じく意見を求められた大家は「嘘でしょ、本気?」と半信半疑だったと告白した。

その指原は、総選挙から1週間が過ぎてもテレビ番組でその話題が取り上げられていることを挙げ、「ファンの方とかそういう感情とか、メンバーとかそういう怒りとかそういうことは置いといてさ、今でもそうやって喋ってもらえるってのはりりぽんがいなかったら、総選挙ここまで伸びてなかったから」とコメントする。そして「感謝の気持ちを込めて」と発言し、3人で須藤がセンターポジションを務めるNMB48の楽曲「ドリアン少年」を歌った。

また、須藤の話題をうけて峯岸がファンから「彼氏いないの?」と質問されたことを明かすと、指原は「みんなはステージ上でアイドルでいれば私はそれでいいと思う」と話し「ステージ上でアイドル、それを見せてついてきてくれればいいから」と思いを語っていた。

峯岸は、先日、総選挙の順位が19位で、20位だった須藤の直後にスピーチするという順番だったが、須藤の結婚宣言に「しょうがないこれはと思って」と、当初考えていたものから須藤の話を受けてのコメントに変更したと当時の状況を話し、総選挙翌日には、須藤から「スピーチ台無しにしてしまってすいませんでした」と謝罪を受けたことも明かしていた。

関連画像

関連記事