鬼龍院翔、金爆ファンクラブが2つに分かれることを報告。ファンからは「ついに」「とても楽しみ」

2017.6.14 17:36

鬼龍院翔、金爆ファンクラブが2つに分かれることを報告。ファンからは「ついに」「とても楽しみ」サムネイル画像

ゴールデンボンバー

13日にゴールデンボンバーの鬼龍院翔が自身のブログで「ファンクラブの皆様へお知らせです」と題して、ある発表をした。

ブログは「キスミー!鬼龍院翔です」というフランクな書き出しだったが、ゴールデンボンバーの所属事務所のファンクラブ会員に向け、10月にファンクラブが2つに分かれてしまうことを告知している。所属事務所についてはそのままとのこと。

鬼龍院は「事務所からの告知文はやっぱりどうしても堅い文面になってしまうので、簡単に書きます」として、10月からゴールデンボンバー単体のファンクラブができることになり、会員には「CLUB EUCLID」または新しいファンクラブの会員どちらに登録するのかを、7月31日まで選択してもらうと説明。期間をすぎてしまった場合は自動的に単体の会員に登録されるのだそう。

高額転売業者への対策として、会員証が顔写真入りのICカードに変わることも発表され、鬼龍院は「応援してくれているファンの皆様には、なるべく快適に楽しく応援してもらえるよう環境を整えて行きたいと思っています」と理解を求めた。

また、新しいファンクラブについて「郵便の人に見られてもゴールデンボンバーとわからないように マルキン にしました」とファンクラブの名も発表したが、この名称に鬼龍院は「だせー!笑」と自らツッコミを入れている。ブログは「今後ともゴールデンボンバーとユークリッドエージェンシーを宜しくお願い致します なんかあったら追記しますね!」と締めくくられていた。

これにファンはコメント欄で「キリちゃん、とても分かりやすく教えてくれてありがとう」「マルキンに登録しました~」「とても楽しみ…♪」「マルキン!ww超絶ダサいwwたまらない」「ついにゴールデンボンバーのファンクラブができるのですね やったー」と歓迎の声を寄せている。

鬼龍院は先日トーク番組に出演し、エアーバンドならではのデビュー時の苦労を告白。「いやホント風当たりはハンパなかったです」と、客やライブハウスのスタッフからも邪険に扱われていた当時を振り返っていた。

関連画像

関連記事

関連リンク