指原莉乃、柏木由紀、峯岸みなみが、AKBグループ卒業について言及。指原「辞めないでね」

2017.6.12 21:00

指原莉乃、柏木由紀、峯岸みなみが、AKBグループ卒業について言及。指原「辞めないでね」サムネイル画像

(c)STU

10日放送のNHK BSプレミアム「AKB48 SHOW!」で、指原莉乃が峯岸みなみ、柏木由紀とともにグループ卒業に言及する場面があった。

番組では去年総選挙1位を獲得した指原がご褒美として番組を独り占めし、「さしはらSHOW!」を放映。ゲストに峯岸と柏木を招き、それぞれの馴れ初めや選抜総選挙への思いなどについて本音でトークを展開した。

話題は「やっぱ楽屋でさ、友だち減ってくじゃん、だんだん」と、指原の言葉で同期や友達が卒業したあとの楽屋の近況へとうつった。

指原は「前まではどっちかって言うと(友だちが)多いグループと言うか。こじはる(小嶋陽菜)さんもみーちゃんも一緒にいたし」と話し、「本当にさ、ぼーっとしてたらさ、最近(渡辺)麻友もドラマでいないから……」と仲が良かったメンバーの卒業によって楽屋で一緒に過ごす相手がいない寂しさを語った。

このような状況に、指原は「辞めないでね」と唐突に2人に向けて発言する。柏木は峯岸と自分を指しながら「(2人とも)辞めないと思う」とコメントした。さらに、3人は同じ占い師に占ってもらう機会があったが、全員グループは卒業しないという結果が出たという。

指原は卒業しない理由について「私は、今は順調だからお金を貯めるときって言われたの」と話し、29歳でモテ期が来るという占い結果から「『29歳まではいます』って(占い師に)言われた」と明かした。

柏木は「私は“卒業”とか、そういう文字全く見えませんみたいな。なんなら、そのグループの終わりまでいるんじゃないですかね、みたいなテンションだった」という占い結果だそうで、峯岸は「私は“本人がそろそろって思ってる気持ちも分かるんだけど、団体を引っ張っていく使命が残ってて、みんながいなくなった中、あなたにしかできないことが残ってるから、まだやめられません”って言われたの」と話した。

全員が占い師の言葉を信用している状態に、指原は「そんなその占い師のこと信じちゃっていいの?」とツッコミを入れていた。3人はかつては真剣に卒業について語ったりもしたそうだが、このような状況の現在ではかえって卒業についての話題が出ることは少なくなったそうだ。

先日放送されたテレビ番組では、峯岸が自身の卒業について「私も30歳に向けて方向を考えているので」と卒業について匂わせる発言をしていた。「衝動的に(運命の相手と)出会っちゃったら……」卒業も考えるという発言には共演者からのツッコミも飛び、スタジオの笑いを誘っていた。

関連画像

関連記事