「真相がショックすぎて」藤原竜也主演「リバース」ついに明らかになった驚愕展開に「何度みても震える」「ラスト5分に戦慄」

2017.6.10 19:11

「真相がショックすぎて」藤原竜也主演「リバース」ついに明らかになった驚愕展開に「何度みても震える」「ラスト5分に戦慄」サムネイル画像

(c)TBS

9日、第9話が放送されたドラマ「リバース」。

第9話では、小笠原(武田鉄矢)が刺され、深瀬(藤原竜也)の元に脅迫メールが届く。美穂子(戸田恵梨香)のやってきたことが分かったばかりの出来事に、またもや謎が生まれた。10年前の事故現場で不審な行動をとっていた疑いのある村井(三浦貴大)は、浅見(玉森裕太)、谷原(市原隼人)ら皆の前で真相を告白した。一方、美穂子は大阪に帰ることを決意、深瀬はそれを知り気持ちを伝えに行く。そして、2人で広沢(小池徹平)のことについて話し合っていた時に、深瀬はある重大なことに気がつき…という展開を見せた。

この日、最も注目されたのは、放送の最後に明かされた、広沢の死の原因とも取れるある事実だ。深瀬は美穂子との会話の中で、その重大な事実に気がつき愕然とする。

この驚愕の事実に、視聴者からはTwitterで「その展開は読めんかった。」「ラスト5分だけ何度みても震える」「真相がショックすぎて勉強どころでない」「ラストが衝撃すぎる」「衝撃すぎてゾクってした」「ラスト5分に戦慄した」「予想外!ってかそんな感じもあるのか!って感じ!!!」「すごい予想外の展開すぎて」という驚きの感想が殺到した。

来週放送される最終回では、ドラマのオリジナルストーリーが展開されると予告されており、原作を読んだ人も読んでない人も最後まで見逃せない内容となりそうだ。

関連画像

関連記事

関連リンク