2017年上半期、総合ソング・チャートは星野源「恋」が首位!総合アルバム・チャートはSMAPの『SMAP 25 YEARS』が首位に輝く

2017.6.9 17:42

2017年上半期、総合ソング・チャートは星野源「恋」が首位!総合アルバム・チャートはSMAPの『SMAP 25 YEARS』が首位に輝くサムネイル画像

星野源

プロメテウスグローバルメディア社のグループである「米国ビルボード」及び「ビルボードジャパン」は、 2017年上半期総合ソング・チャート【JAPAN Hot 100】、 総合アルバム・チャート【JAPAN Hot Albums】、 総合アニメチャート【JAPAN Hot Animation】および【Top Artist】を発表した。 (計測期間:2016年11月28日~2017年5月28日)

上半期【JAPAN Hot 100】では、 2016年後半の代表曲となった星野源「恋」が勢い止まらず、 シングル・セールス以外のダウンロード、 ストリーミング、 ラジオ、 Twitter、 ルックアップ、 動画再生の6指標で首位となり、 2位以下に大差をつけ1位を獲得した。 星野源「恋」は、 シングル・セールスにおいてはAKB48「シュートサイン」を下回ったが、 ダウンロードではこれを遥かに上回るセールスを記録。 いったんヒットのサイクルに入ると、 デジタル領域で爆発的な広がりを見せるという10年代のコンテンツマーケティングの典型を見せた。

また、上半期【JAPAN Hot Albums】では、 惜しまれつつ解散したSMAPの『SMAP 25 YEARS』がセールスで大きくポイントを稼ぎ首位となった。 本作は上半期にリリースされたアルバム作品の中で唯一ミリオンを達成。 断トツのCDセールス数と、 ルックアップ(PCによるCD読み取り数)でも4位に入るポイントを加算して、 【JAPAN Hot Albums】を制した。

【SMAP 発売元レコード会社(ビクターエンタテインメント)コメント】

「SMAP 25 YEARS」が多くの方々のご支持を受け、 2017年上半期のアルバム・チャート1位をいただくことができました。
本当にありがとうございます。 これはSMAPが25年間に渡り素晴らしい作品を作り続けた成果だと思います。 今後もここに収録されたそれぞれの楽曲が皆さんにとって輝き続ける作品となって欲しいと思っています。

関連画像

関連記事

関連リンク