加山雄三のあるものへの熱意にV6・井ノ原快彦が驚き。「まさかそんな話が…」

2017.6.9 21:05

加山雄三のあるものへの熱意にV6・井ノ原快彦が驚き。「まさかそんな話が…」サムネイル画像

加山雄三

9日放送のNHK総合「あさイチ」で、歌手で俳優の加山雄三が意外な趣味について熱弁をふるい、司会のV6・井ノ原快彦とアナウンサーの有働由美子が驚く場面があった。

番組では「プレミアムトーク」のコーナーに加山が登場し、映画「若大将」シリーズでの活躍や、現在の活動についてなどトークを展開した。

2014年に結成したロックバンド「THE King ALL STARS」のメンバーは全員加山の子どもより年下だといい、有働アナは「お子さんより下の若い方々と話したり、その、一緒に練習したりとかどうですか?」と問いかける。加山は「若い人たちとおんなじなことやってるから」と加山とメンバーとの共通点があるのだと語る。

すると加山は「『お前シヴァでやる? いや、俺はクリスの方がいいよ』とか。わかんないでしょ?」と、メンバーとTVゲームを一緒にプレイしているのだと、意外な一面を明かした。

加山は「PlayStation VR」の話をしたあとに「FF(ファイナルファンタジーを)10もやった。10から15まで」と続け、国際電話で「マップ出せよマップを」などと指示を出し合い、それぞれ日本とアメリカにいながら息子と一緒にゲームをしたエピソードまでも披露した。

ゲームをする理由について加山は「脳のトレーニング」と語ったが、井ノ原が「トレーニングというか、楽しくてやってるっていうのも……」と言うと、加山は「もちろん楽しくなきゃやんないよ」と返し、トークはさらにヒートアップする。

加山はゲーム「バイオハザード」シリーズにはまっており、1〜7シリーズまでプレイしたとして「7のね、VRは本当ヤバい」と「バイオハザード7 レジデント イービル」の話を熱弁。加山の話はゲームのシナリオやリアリティさ、そして「『プレステ4』だと左のコントローラーがさ」と、細かなゲームの操作にまでおよんだ。

ときには笑いながらも話にずっと耳を傾けていた井ノ原だったが、加山の話が一区切りすると「まさかそんな話が聞けるとは思わなかったです」と加山のゲームへの熱意に舌を巻いていた。

この加山の様子にTwitterでは「加山雄三さんがゲーマーなのは知っていたけど、VRの話はさすがに笑った」「加山雄三のゲーム愛の話がスゴイ!」「80歳で最新ゲームをプレイしている加山雄三ほんと最強」と驚きの声があがっている。

関連画像

関連記事