SEKAI NO OWARI、新曲「RAIN」が映画「メアリと魔女の花」主題歌に決定!初回盤ジャケットには米林宏昌監督書き下ろしの4人のイラストも公開

2017.6.9 11:36

SEKAI NO OWARI、新曲「RAIN」が映画「メアリと魔女の花」主題歌に決定!初回盤ジャケットには米林宏昌監督書き下ろしの4人のイラストも公開サムネイル画像

SEKAI NO OWARI

4人組バンド SEKAI NO OWARIの新曲「RAIN」(7月5日リリース)が 7月8日公開の映画『メアリと魔女の花』の主題歌に決定した。

今作は、昨年の年末にメンバーと米林宏昌監督、西村義明プロデューサーとミーティングしたところから始まった。その時点で出来ていた映画の中の重要なシーンを見ながら、監督から直々にストーリーの解説があった。映画への熱意に触れ、ミーティングが終った後、すぐにメンバーで話し合い、楽曲制作に取りかかったと言う。

「魔法は いつか解けると 僕らは知っている」という歌い出しから始まる優しく温かで懐かしさを感じるような、彼ら流の“王道ポップソング”に仕上がっている。

また、映画『メアリと魔女の花』の劇中音楽と主題歌に神秘的な音色で奏でる打弦楽器のハンマーダルシマーを取り入れており、映画の世界観ともぴったりと重なる新曲「RAIN」が完成した。

<SEKAI NO OWARI コメント>

RAINはメアリの心の中を空模様になぞらえて書いた楽曲です。
映画を見終わった後、メアリの成長と共に自分も一歩踏み出してみようと思えるような主題歌にしようと、米林監督や西村プロデューサーと話し合いを重ねながら楽曲を作り上げてきました。
米林監督はじめ、スタジオポノックの制作陣がまさに命を削ってこの作品を作り上げる所を見させて頂きました。
この作品が1人でも多くの人に届くことを願っております。

関連画像

関連記事