T.M.Revolution 西川貴教がアニメ版『アベンジャーズ』に日本を影で牛耳る悪役として出演

2014.5.22 16:26

T.M.Revolution 西川貴教がアニメ版『アベンジャーズ』に日本を影で牛耳る悪役として出演サムネイル画像

テレビ東京系6局ネットにて毎週水曜18:30から放送中の『ディスク・ウォーズ:アベンジャーズ』に、同作品のオープニングテーマとエンディングテーマを歌うT.M.Revolution 西川貴教が声優として出演することが発表となった。

『ディスク・ウォーズ:アベンジャーズ』は日本製作によるマーベル初の男児向けテレビアニメーション・シリーズで、2012年に公開され史上最速での世界興行収入10億ドル突破、歴代3位と世界中で大ヒットを記録したマーベルの映画『アベンジャーズ』がアニメ化されるという注目作だ。

この作品はアイアンマン、ソー、ハルク、キャプテン・アメリカ、ワスプといったマーベル・ヒーローたちで結成された最強チーム“アベンジャーズ”と、日本人の主人公・アキラをはじめとする5人の少年たちが力を合わせ、それぞれの能力と必殺技を駆使して、地球征服を企てるロキの野望を阻止すべく闘いを挑む物語が描かれている。

『るろうに剣心』や『機動戦士ガンダムSEED』といったアニメ作品で声優出演の経験もある西川が今回演じるのは、マーベルの8,000人を超すといわれるキャラクターの中でも大物のヴィラン(悪役)であり、日本を影で牛耳るシルバー・サムライという役柄。

今回の声優出演に際し西川貴教は「シルバー・サムライという“侍”なので、「拙者」や「おぬし」など、時代劇風の言葉が多く、そういった言葉は今まで使うことがなかったので、とても新鮮でした。また、今回から舞台がいよいよ日本に移ってくるということで、今後の物語が大きく動き出してくる大事な場面になると思います。シルバー・サムライはそのカギを握る重要な存在になっているので、アベンジャーズはもちろん、シルバー・サムライの活躍にも是非ご期待ください!」とコメントしている。

オープニングテーマの“突キ破レル-Time to SMASH!”は5月28日、エンディングテーマの“Thread of fate”は6月4日より着うた(R)の配信がスタートされる。

新たな物語の展開を見せるTVアニメ『ディスク・ウォーズ:アベンジャーズ』とT.M.Revolutionのコラボレーション、ぜひ注目して見て欲しい。

関連画像

PHOTO RANKING 写真ランキング