「もう1人の犯人って誰?」藤原竜也主演「リバース」終盤でもなお謎が謎を呼ぶ怒涛の展開に「予想を裏切ってくる」「こんなドラマ初めて」

2017.6.3 19:05

「もう1人の犯人って誰?」藤原竜也主演「リバース」終盤でもなお謎が謎を呼ぶ怒涛の展開に「予想を裏切ってくる」「こんなドラマ初めて」サムネイル画像

(c)TBS

2日、第8話が放送されたドラマ「リバース」。

第8話では、深瀬(藤原竜也)たちに告発文を送っていたのは、かつて親友の広沢(小池徹平)と付き合っていた美穂子(戸田恵梨香)だったこと、浅見(玉森裕太)、村井(三浦貴大)、谷原(市原隼人)にも接触していたことが明らかになった。深瀬は自分との出会いも運命ではなく、仕組まれたものだったことを知り、美穂子と話がしたいと行方を探す。そして、やっとその“復讐劇”の全貌が明らかになった一方、新たに小笠原(武田鉄矢)の身に事件が降りかかり…という展開を見せた。

告発文を送っていたのが美穂子だったことが前回のラストで明らかになっていたが、今週の放送では、なぜ美穂子がそのようなことをしたかということが描かれた。そして、残された謎は10年前の広沢が死亡した件の真相だけかのように思われたが、ラストでまた新たな謎が生まれることになった。

この、謎が一つ解けるとまた次の謎が出てくるストーリーに、Twitterでは「早く来週の金曜こいこい!!!もう1人の犯人って誰?小笠原さん刺したの誰?」「ここに来て武田鉄矢が襲われるし、誰が犯人なのよ!?」「もう1人犯人いるとかホント誰なんだー」「怒濤の展開 いい人ばかりで奥が深い…犯人いったい誰なんだ…」「鳥肌!犯人だれなの!知りたいけど知りたくない」と、新たな事件を起こした“犯人”の正体について言及するコメントが多く見られた。

また、視聴者がそれぞれドラマを見ながら独自の推理をするも、その上を行く展開に「予想がことごとく裏切られていく…こんなドラマ初めてだわ。」「展開も犯人も全く予想つかない」「リバースのストーリー予想外れた」「開始してすぐ考えてた推理が見事にはずれて予想を裏切ってくる」「予想できないことたくさん起こる」という声も見られた。

来週の放送では、新たな脅迫メールが深瀬の元に届き、また新展開を迎えることが予想される同ドラマ。終盤に入ってもなお、視聴者の予想を良い意味で裏切ってくれそうだ。

関連画像

関連記事

関連リンク