「怖すぎて」藤原竜也主演「リバース」告発犯の正体はまさかのあの人!?仕組まれた復讐劇と、知られざる親友の過去とは

2017.6.2 21:00

「怖すぎて」藤原竜也主演「リバース」告発犯の正体はまさかのあの人!?仕組まれた復讐劇と、知られざる親友の過去とはサムネイル画像

(c)TBS

2日、第8話が放送されるドラマ「リバース」。

先週放送された第7話では、広沢(小池徹平)の過去を知るために故郷・愛媛を訪れていた深瀬(藤原竜也)は、広沢の親友だったという古川(尾上寛之)という男に出会う。そこで、自分の知らない広沢の一面を知らされ、また、自身に対しコンプレックスを抱いている古川の姿に自分を重ね、複雑な気持ちを抱く深瀬。そして、広沢の同級生らの協力もあり、広沢と付き合っていた彼女が東京の病院で働いているという情報を手に入れた。東京に戻り、意識を取り戻した谷原(市原隼人)の元に浅見(玉森裕太)とともに見舞いに訪れ、ホームから突き落とされた時の様子を聞くも、記憶が曖昧ではっきりしない態度を取る。村井(三浦貴大)は、ある場所で無事発見された。広沢の彼女を探す深瀬はある日、やっとその彼女を見つけるが…といった展開を見せた。

この日、最も話題となったのは、なんといってもラストに明かされた衝撃の事実についてだ。広沢と結婚を考えていた彼女は、まさかの人物で…というストーリーに、視聴者からはTwitterで「ラスト、鳥肌が立ってしまった」「ラスト衝撃すぎた。」「ラスト5分は鳥肌モン」「ラストのラストでひぇぇぇぇぇぇぇ!!!ってなってる鳥肌立ったわ」「全身鳥肌中」「ラスト1分でのドキドキ感半端ない!!!!」「ラストが怖すぎてブルー入ってる(笑)」「ラストで身体震えたわ…」「ヤバすぎて叫んだ(笑)」「リバースの最後に凍った!」という意見が殺到。衝撃を受けた視聴者が多数いたようだ。

今週の放送では、告発犯が判明して深瀬がどう行動するのか?そして、明日香(門脇麦)が兄・村井に持っていた疑惑を確かめ、新たな事実が明らかに?など、物語が終盤に差し掛かり、ますます見逃せない一夜となりそうだ。

【第8話あらすじ】

ようやく解き明かされた残酷な真実。深瀬(藤原竜也)たちに告発文を送っていたのは、かつて親友の広沢(小池徹平)と付き合っていた女性…美穂子(戸田恵梨香)だった。また、各所で浅見(玉森裕太)、村井(三浦貴大)、谷原(市原隼人)にも接触していたことも判明。“運命の出会い”は、美穂子により企てられた復讐劇だったということを知り、愕然とする深瀬。連絡が取れないまま、冴えない自分に振り向いてくれた美穂子の笑顔ばかりが頭の中を駆け巡る。

一方、10年前の事件について、兄である村井に疑惑を抱いている明日香(門脇麦)は、何かを隠しているかのような素振りを見せる村井を問い詰める。そんな中、新たな見解に辿り着いた小笠原(武田鉄矢)は、深瀬を呼び出すが…。

関連画像

関連記事

関連リンク