「演技が素晴らしすぎる」沢尻エリカ主演「母になる」小池栄子演じる麻子の罪を道枝駿佑演じる広が知る?そして広の恋心も明らかに!?

2017.5.31 21:00

「演技が素晴らしすぎる」沢尻エリカ主演「母になる」小池栄子演じる麻子の罪を道枝駿佑演じる広が知る?そして広の恋心も明らかに!?サムネイル画像

31日、第8話が放送される沢尻エリカ主演「母になる」。

先週放送された第7話では、結衣(沢尻エリカ)が麻子(小池栄子)と話し合うため、一緒に食事をする場を設けた。そして、麻子は里恵(風吹ジュン)から結衣達が今までどれだけ苦労をしたかを聞かされたと話し、結衣に「心からお詫びを」と謝罪をした。それを見た結衣は麻子に今更責めるつもりはないと話す。しかし、その時、結衣が何気なく発した「子どもが欲しいのに出来なくて可哀想」という一言で麻子の態度は一変。その様子を見た結衣と、立ち会っていた莉沙子(板谷由夏)から本音を聞かせて欲しいと言われ、麻子が発した言葉は…という展開を見せた。

先週の放送では、沢尻エリカと小池栄子、二人の“母”による一歩もひかないぶつかり合いが大きな話題となった。特に、二大女優の演技の応酬には「沢尻エリカと小池栄子の演技対決が凄すぎた」「どっちも辛いけど沢尻エリカvs小池栄子の演技対決がすごいからこっちも力入る」「沢尻エリカVS小池栄子の演技対決だな…涙止まらんわ」「沢尻エリカと小池栄子の演技が素晴らしすぎる」「お芝居の掛け合い、気持ちのぶつかり合い、すごい。本当すごい。言葉を失うくらいすごい」「女優さんってすごいな」という絶賛の感想が殺到した。

今週の放送では、柏崎家に取材の手が伸びようとしており、それに伴い、麻子の罪が広の知るところとなるのか、そして広の恋心が明らかになるのかという、新たな展開を迎えそうだ。

【第8話あらすじ】

結衣(沢尻エリカ)の元に、自分と広(道枝駿佑)のことが記事になるかもしれないと麻子(小池栄子)から電話がくる。もし2年前の事件を広が知ってしまっても、今は嘘をついてほしいとお願いされて困惑する結衣。

そんな中、麻子は愛美(大塚寧々)が柏崎オートに取材目当てで近づこうとしていると知り、あとをつけて行く。しかし、その先で見たのは、育児放棄状態で部屋に放置されている愛美の息子、リュウ(間中斗環)の姿だった。

木野(中島裕翔)は、今は亡き親友の母の行動にショックをうけ、愛美を問い詰める。ところが全く悪びれない様子に木野は…。

一方、2年前の事件を広に話すべきか迷う結衣と陽一(藤木直人)は、昔、広が麻子とよく行ったというお好み焼き屋を訪れ、自分達の知らない広の話を聞く。そこには未来への大切なヒントが隠されていた。

同じ頃、広は繭(藤澤遥)から好きだと告白される。しかし心の中には別の女の子の存在が…。

関連画像

関連記事

関連リンク