レコード大賞に輝いた人気アイドルが孤独死していた報道に、ネットで衝撃広がる。「悲しい」「存在感あったのに」

2017.5.30 17:49

レコード大賞に輝いた人気アイドルが孤独死していた報道に、ネットで衝撃広がる。「悲しい」「存在感あったのに」サムネイル画像

30日、アイドル歌手・女優として人気を博した川越美和が、自宅アパートで孤独死していたと報じられている。

川越は2008年に自宅アパートで亡くなっていたと報道されており、享年35歳だったと言う。この知らせにTwitterでは「マジかよ…」「孤独死していた、とか悲しい」と驚きや悲しみ声が多く寄せられている。また、「1970僕たちの青春の演技が忘れられない」「演技には異様な才能があった。『ココロの鍵』も『夢だけみてる』も名曲だった」「歌もうまかったし、ドラマでも存在感あったのにな…」など、かつての活躍を思い偲ぶコメントも寄せられていた。

「天までとどけ」に出演していた須藤公一も、自身のTwitterで、「ウチのドラマの主題歌『涙くんさよなら』歌ってくれてたんだよね。。。残念。。。R.I.P.」と哀悼の意を表していた。

川越は1988年「Looking at You」で歌手デビューを果たし、4作目のシングル「夢だけ見てる」で第31回レコード大賞新人賞に輝いた。その後も「涙くんさよなら」をはじめとした名曲をヒットさせ、ドラマやCMやラジオ番組にも多数出演するなど、アイドル歌手、女優と多岐にわたる活躍を遂げた。

関連画像

関連記事