「気持ち悪いくらい怖い」波瑠主演「あなたのことはそれほど」仲里依紗演じる麗華の変化に「出演者ほぼ全員怖い」の声。衝撃的なシーンには「ワインとカニはしんどかった」

2017.5.24 11:36

「気持ち悪いくらい怖い」波瑠主演「あなたのことはそれほど」仲里依紗演じる麗華の変化に「出演者ほぼ全員怖い」の声。衝撃的なシーンには「ワインとカニはしんどかった」サムネイル画像

(c)TBS

23日、第6話が放送されたドラマ「あなたのことはそれほど」。

第6話では、麗華(仲里依紗)と有島(鈴木伸之)に接触し、何もなかったかのように帰宅した涼太(東出昌大)に、美都(波瑠)は嫌悪感と恐怖感を募らせる。そして、美都は有島を呼び出し、夫の了承があるから別れないと言い出し、別れを切り出そうとしていた有島を驚かせる。そんな日々を過ごす中、あることをきっかけに美都は涼太に対して本心をぶちまけ、家を出て行ってしまうことに。一方、有島は、麗華と何食わぬ顔で家庭生活を送っていたが、度々麗華が美都との関係を匂わせるかのような言動をすることに怯えていた。そして、美都は有島にある提案をして…という展開を見せた。

昨日の放送では、これまで物静かで常識的な妻だった仲里依紗演じる麗華が、有島の行動を全て知っているような言動をし始めた。その追い詰めぶりが冷静なものであったことから、視聴者はTwitterで「里依紗ちゃんが怖くなってきた笑」「1番怖いのは麗華やと思ってる」「じわじわ有島を追いつめる麗華の愛は、一番怖いかも。」「麗華も怖くなってきた」「麗華もだんだん怖くなってきた」と感想を綴っていた。

また、麗華が反撃を始めたことで「主要人物みんな怖い。」「みんな怖いよ、、、」「登場人物みんな怖い。」「気持ち悪いくらい怖い」「全員めんどくさいwww」「とりあえず出演者ほぼ全員怖い。」「もう全員怖いわ笑 あなそれやばい。」という声も多かった。

そして、この日、ネットでは、有島が帰宅すると麗華も誰もおらず、部屋一面にカニが散らばっているという悪夢を見るシーンと、涼太が美都が家出して滞在していた友人・香子(大政絢)の家から出て行ってしまったと知った時に、狂気的に赤ワインをぶちまけたシーンが、そのインパクトから大きな話題に。

視聴者からは「カニとワイン回だった…」「ワインとカニはしんどかった」「部屋中カニまみれのシーンとワインぶちまけるシーンでめっちゃ笑った」「カニとワインに尽きる回だったな 」「カニ部屋とワインまみれの部屋、怖いのはどっち?!」「ラストのワインのシーンやばかったけど、カニのシーンも大概やばかったわwwwww」「カニシーンと最後のワイン祭りが今日イチ」という感想が多く見られた。

また、このドラマの主題歌で、若手の無名バンド“神様、僕は気づいてしまった”が歌う「CQCQ(シーキュー、シーキュー)」にも人気が集まっており、24日午前現在YouTubeでの再生回数は120万回を超える。そして、この曲が表題曲のメジャーデビューシングルはついに来週5月31日に発売される。

来週の放送では、ついに美都と涼太の間に“離婚”の文字がチラついて…という展開を見せそうで、この人間劇がどのように進んでいくのか、ますます注目が集まりそうだ。

関連画像

関連記事

関連リンク