これが“カッコいい”『アナと雪の女王』 THE SxPLAYが新たな世界観を表現

2014.5.16 18:18

これが“カッコいい”『アナと雪の女王』 THE SxPLAYが新たな世界観を表現サムネイル画像

いま最も話題の映画『アナと雪の女王』。その劇中歌で、主人公のエルサが歌う「Let It Go」は、11歳の少女によるカバーやマッシュアップ、多重録音など、様々な形のカバー動画がYouTubeで公開されている。

ハイクオリティなカバー動画が続々と公開されている中で“和製COLDPLAY”との呼び声高いTHE SxPLAY(ザ・スプレイ)によるカバー動画も公開された。( http://youtu.be/TWDeKAWUe78 )

『COVER x PLAY』という企画の一環で、アーティスト名の“PLAY”には「ジャンル問わず自由に遊ぶ」という意味も込められており、様々な楽曲をTHE SxPLAYらしくカバーしながら音楽で遊ぼうという趣旨で実施された。

「よりありのままの自分で、捉われることのない音楽を追求し、自ら道を切り開いていく」という意思のもと、3月30日に改名を発表したTHE SxPLAYにとって「Let It Go」の歌詞は共感できる部分が多く、今回の選曲に至った。

圧倒的で力強い歌唱力と感情の起伏をより強く表現したアレンジによって表現された「Let It Go」は必見だ。

関連画像

PHOTO RANKING 写真ランキング