「心臓が持たない」藤原竜也主演「リバース」知らなかった親友の素顔と仲間が抱える罪の意識とは?深瀬を脅かしていた告発犯が明らかに!?

2017.5.19 21:00

「心臓が持たない」藤原竜也主演「リバース」知らなかった親友の素顔と仲間が抱える罪の意識とは?深瀬を脅かしていた告発犯が明らかに!?サムネイル画像

(c)TBS

19日、第6話が放送されるドラマ「リバース」。

先週放送された第5話では、親友・広沢(小池徹平)と村井(三浦貴大)の事件前の揉め事と、村井を疑っていることを浅見(玉森裕太)から聞かされた深瀬(藤原竜也)の元に、議員とのW不倫騒動で、マスコミから隠れるため行き場をなくした村井(三浦貴大)が転がり込んでくる。2人はしばらく一緒に生活しながら、改めてお互いを知ることになる。そんな中で、広沢と村井の揉め事の真相も明かされた。そして、深瀬は行きつけのコーヒー店・クローバーコーヒーの恭子(YOU)から、美穂子(戸田恵梨香)が最近何者かに後をつけられているということを聞き心配するが…という展開を見せた。

先週の放送では、三浦貴大演じる村井と、藤原竜也演じる深瀬が、それぞれ愛する人を守る姿が視聴者の間で大きな話題となった。そして、10年前の事件について、浅見は村井を、村井は浅見と谷原(市原隼人)を疑っていることが明らかになり、ますます事件の真相についての謎は深まるばかり。これに対しては、「毎回犯人誰ってなる」「ますます面白くなってきたー」「心臓が持たない」「ハラハラドキドキが止まらない!」「怖い上に泣ける。なんつードラマだ」と、そのスリルと人間模様に毎週魅せられている視聴者が多いようだ。

今週の放送では、村井が突然の行方不明となり、市原隼人演じる谷原の意識も回復しない。深瀬と浅見は、広沢の故郷・愛媛を訪ねることになる。そこで2人を待ち受けていたものとは?今夜の放送も目の離せないストーリーとなりそうだ。

【第6話あらすじ】

地味ながらも真面目に勤めていた会社が、突然倒産してしまった深瀬(藤原竜也)。職と共に、同僚にコーヒーを振舞う大切な時間も奪われてしまった。10年前の事件について浅見(玉森裕太)と谷原(市原隼人)の隠蔽を疑っていた村井(三浦貴大)が突然行方不明になり、また、相変わらず谷原も意識が回復しないままだ。周りの人間に次々と悪いことが起きていくことに不安な日々を過ごす明日香(門脇麦)だが、広沢(小池徹平)の死について、兄である村井にある疑惑を抱いていた。そして、深瀬に当時の記憶を話し始める。

そんなある日、久しぶりに美穂子(戸田恵梨香)と顔を合わせる深瀬。ぎこちない会話が続く中、精神的にも疲弊していた美穂子が実家の大阪に帰るかもしれないということを知り、動揺を隠せない。そんな深瀬だが、事件の真相と自分の知らない広沢の素顔に迫るため、謹慎中の浅見と共に広沢の故郷・愛媛へと向かう。ほどなく愛媛へ着くと、広沢の母・昌子(片平なぎさ)と父・忠司(志賀廣太郎)が快く二人を迎え入れてくれるのだが…。

関連画像

関連記事

関連リンク